Category: Nihongo

女性が叙階されることが出来、また叙階されるべきであることの七つの理由

女性が叙階されることが出来、また叙階されるべきであることの七つの理由

女性が叙階されることは可能であり、

また叙階されるべきであることの

七つの理由

1.キリストにおける一つの祭司職

洗礼を通して女性と男性は同じようにキリストの新しい祭司職に参与する。

これは聖なる叙階に開くことを意味する。

2.司式する力を受けて

最後の晩餐でイエスは女性にも男性にも権能を与えた。双方ともエウカリスティアを司式するために叙階されることができる。 

3.文化的偏見

女性を司祭に叙階しないという教会の伝統は女性に対する三重の偏見に基礎を置く。これは教会の判断を狂わせた。

4. 女性はかつて助祭であった

少なくとも九世紀まで教会は女性たけちに秘跡としての叙階を授、助祭に挙げていた。これは女性も司祭に叙階され得ることの証明である。

5.女性が叙階され得ることは教会の潜在的な伝統の中にある

一例は司祭としてのマリアへの古い信心である。「信仰のセンス」によればマリアにおいて女性への法度は既に克服されていることを示している。

6.他のキリスト教会は女性司祭を受け入れている

誠実な研究と祈りを通して他のキリスト教会は現在女性を司祭に叙階している。これらの教会がしていることのすべてをカトリック教会が受け入れることが出来ないにしても、キリスト信者のコンセンサスは女性叙階がキリストのみ旨に叶うものであることを確かなものにする。

7. 実際に女性もまた司祭になるべく招かれている

多くのカトリックの女性たちが自分たちの中に芽生える司祭職への召命は無視することが出来ない聖霊の働きであることを祈りの中で悟っている。

結論;女性叙階禁止の正当な議論はない。多くの正当なカトリックの論争はこれに賛同している。女性司祭職を禁じる教皇書簡について度々挙げられる質問を調べてみよう。

エクレ-シアにおける女性の位置

ジョン・ヴィンガ-ド著『カトリック教会における女性の叙階をめぐって』

固い殻の中には一体何があるのか

聖書からの論争

伝統からの議論

神学的論争

教導職

声を挙げる義務

これは一体全体何なのか

声を挙げる義務

これは一体全体何なのか

固い殻の中には一体何があるのか

.

1 .キリストにおける一つの祭司職

2.司式する力を受けて

3.文化的偏見

4.女性は嘗て助祭であった

5.女性が叙階され得ることは教会の潜在的な伝統の中にある

6.他のキリスト教会は女性司祭を受け入れている

7.実は女性もまた司祭になるべく招かれている

何時も問われる質問を参照せよ


ジョン・ワインガーズ著『女性はなぜ司祭になれないのか』

John Wijngaards, The Ordination of Women in the Catholic Church, Darton Longman Todd, London, 2001, 204pp.

「日本語テキスト全文を見るにはここをクリック」

The situation in the RC Church regarding women priests

The situation in the RC Church regarding women priests

The situation in the RC Church regarding women priests

by Ito Megumi

This was presented to the Intensive Seminar organized in the summer of 2003 by the Japanese Feminist Theology /Mission Centre in Tokyo with the theme “The Situation of Women in Ecclesia: how female Christians suffer and struggle with the women clergy in their respective Churches.”

In the Roman Catholic Church women clergy are not supposed to exist, should not exist. According to the Church Law, only male baptized persons are allowed to be ordained as legitimate priests. (cf.Canon Law 1024, 274) In the course of time Rome declared that woman cannot be ordained as a priests nor deaconesses. This was added recently in the statement of the Congregation of Doctrine as well as in the Pope’s Apostolic Documents. The reasons given are that Jesus Christ was male. And also that He chose his apostles from among men. But the movement for the ordination of women started around the time of the Vatican Council II, becoming worldwide by now.

As there is no woman priest in Japan, the cases in Europe and America will be introduced here, how the women were ordained and are supported by the faithful in their respective places.

I. In Czechoslovakia

During the Communist regime the Czech Bishops’ Conference was out of communication with Rome. After the Synod of the underground Church in 1970 Bishop Felix Davidek ordained Ludmila Javorava and others according to his conscience in a legal and valid way, so that they might assist the prisoner nuns who were dying without priestly supports such as Confession and Eucharist. After the change of the regime their priestly activities were restricted, silenced and watched. Ludmira set forth the circumstances of her ordination in a letter to the Pope without receiving any reply yet. All this was revealed in 1995 when her report “Yes, I am a Catholic woman priest” was published. Now sometimes she accepts the invitations to talk to the groups such as Church reform and woman ordination.

II. In Austria and Germany

Last year on June 29 seven women, three from Austria and four from Germany, were ordained as priests an the Donau by Bishop Romulo Braschi, a bishop of the “Catholic-Apostolic Church of Jesus the King.” These women were well prepared for ordination by completing degrees in theology and were convinced of their genuine call to the priesthood. Their statement says that they dare to challenge the Church leaders to give the space to the women, protesting against the doctrine and Church Law that discriminate against them. They see themselves directly imitating Jesus who broke with laws that had been established by the hierarchical religious authorities of his time and his religion. Immediately the Congregation of Doctrine sent them warning for excommunication, inviting them to repent by the Feast of Maria Magdalena. The seven asked to have an opportunity to have dialogue in vain and were excommunicated in August.

Regarding this ordination on the Donau there are pros and cons within the Church, but where there is a higher rate of education, people seem to show understanding and support toward the women priests, giving the reason that this is the matter of their own faith on which nobody has right to say anything, and also that the rules of the Church can be changed. Besides, this is the sign that the Spirit is working vividly in the Church, and often Jesus and the prophets performed what was not ordinary. At the same time although they are not branded as heretical, there is a danger of the split in the movements in the Church.

In Austria one of the three was ordained as a bishop. She tells that besides teaching at school she engages in her pastoral works such as giving catechism and Baptism, celebrating Eucharist, wedding, hearing Confession, visiting the sick and also preparing other women for priesthood. According to her, there are some parish priests who mention in their sermons the necessity to have female as well as married priests.

In Germany, on the other hand, the four women, since they have been excommunicated, are not allowed to be around the Catholic Church, but the Protestant Church offers them to use their building to give conferences and homilies and to have liturgies. This spring, two of them, Ida Raining, a scholar of canon law, and Iris Mueller, a convert from Lutheran Church, were invited to USA for the length of five weeks, talking to about six thousand audience in all, giving some kind of impact and getting much support. It is said this may serve as a turning point for the Catholic Church there.

III. In USA

There are approximately 300 women priests all over the country, ordained by the support of their own communities in the movement for women priests since 1970s. The Catholic Church, once minority in this country, has grown in number with the immigrants from Latin America, Vietnam and the Philippines and they suffer from the shortage of priests for the pastoral care of the faithful. Along with the aging of the priests, the recent scandal of some priests, taken up by mass media so extensively and also the accountability of the bishops who are responsible, there grows the expectation for Church reform. In such situation the women priests seem to be the realistic need. Of course there is a criticism against this. But we understand this by taking account of their historical and social background in exploring the new land, overcoming all sorts of difficulties to form the new nations of their own, acquiring the freedom of raising their voice and the arguments, always searching for the possible solution in the actual necessity, and having learned through the civil rights and feminist movements, especially courage and boldness. Thus, the women priests are created, recommended and supported by their parish priests or by their communities from among those qualified women who are working is various forms of service in the Church.

IV. In Japan

There has been formed a group to work in conjunction with the worldwide network, studying how the women were playing their roles during Jesus’ time, Early and Medieval Church from the historical, biblical and theological standpoints as well as how the sexism sneaked in the Church, how the women deacons were excluded. etc. and discussing the concrete issues of the present Church. Like the Anglican women who have been walking together with the Catholic women in UK, here also some women from the Episcopal Church show their interest end concern with support and encouragement. Hopefully the Catholic women may wake up out of the long silence and invisibility in the patriarchal and authoritarian Church here, make use of their given gifts for the Church. Still there is a long way to go.

V. What would be ‘ordination’

A person to be a priest is ordained in the Christian community. recommended by the people of God who would lay their hands, which means not necessarily by the power of the apostolic succession as if some kind of magic being played down from Peter, the first bishop. The bishops lay hands representing the people of God. If they cannot play this role, the faithful should take back the role to lay bands as they used to do in Early Church. If the celibate male priesthood does not function it is quite natural for the well qualified women and married men should take theír place instead. It may be almost the time for the people of God to regain the power. And this kind of ordination should not be carried out as a protest against the Church authority but in the gathering of the Christian community, Ecclesia. Maybe the people of God should lay their hands upon those seven excomunicated women priests to cover the defects of that ordination on a boat on the Donau.

Ito Megumi

See Women’s Ordination in Japan

固い殻の中には一体何があるのか

聖書からの論争

伝統からの議論

神学的論争

教導職

声を挙げる義務

これは一体全体何なのか

声を挙げる義務

これは一体全体何なのか

固い殻の中には一体何があるのか

.

1 .キリストにおける一つの祭司職

2.司式する力を受けて

3.文化的偏見

4.女性は嘗て助祭であった

5.女性が叙階され得ることは教会の潜在的な伝統の中にある

6.他のキリスト教会は女性司祭を受け入れている

7.実は女性もまた司祭になるべく招かれている

何時も問われる質問を参照せよ


ジョン・ワインガーズ著『女性はなぜ司祭になれないのか』

John Wijngaards, The Ordination of Women in the Catholic Church, Darton Longman Todd, London, 2001, 204pp.

「日本語テキスト全文を見るにはここをクリック」

意図された見識

意図された見識

意図された見識

Scriptural Meaning!

The literal sense

Rationalizations!

Intended Scope Literary Forms Meaning of a text

規則3. 私たちは書き手が意図した内容の見識外にある声明または主張を聖書記者によるものとしてはならない。

「聖なる書物はその真意を伝えるために昔の人、特に東方民族の話の中で一般に使われた表現のいかなる形も排除する必要はない。」

ピオXII世、Divino Afflante Spiritu, Denz 2294(3829-3820)

下記の良く知られた例はこの規則の説明である。

  1. 部分的な肯定と意見
  2. コヘレトの考えの中にあった疑問
  3. 創造物語のイメ-ジと教え
  4. イエスのことばと行いの意図された見識
  5. 『日常的な規定』の意図された見識

部分的な肯定と意見

外交官はふつう人並みはずれた話法を体得している。実際彼らは曖昧でないとしても慎重な表現資質を持っている。あなたは自分の意のままになる限りなく種々の断言について反省したことがあるのだろうか。ヨ-ロッパ通貨を英国が受け入れるか否かを議論して、英国の政治家たちは次のような所見を述べることができるだろう。

「英国は確かにヨ-ロッパ通貨の仲間入りをするだろう!」

「何だって!英国抜きのヨ-ロッパ通貨ですと!?」

「英国がユ-ロに加わらないのは非常に奇妙だ」

「英国は多分ヨ-ロッパ通貨に加わるだろう」

「英国が共通貨幣に入るということは疑う余地がない」

「一体全体英国がヨ-ロッパ通貨のメンバ-になるかどうか私には分からない」

「英国がやがてヨ-ロッパ通貨に加わるかは疑わしい」

「英国がヨ-ロッパ通貨に参加するなどありそうにもない」

「英国はヨ-ロッパ通貨に決して加わらないだろうというのが私の意見だ」

いかにこのような声明が単なる容認または否定以上のものであるかに注目すべきである。彼らは一連の断定を表現している。絶対的確かさから見込みまたは意見へと。

もしそのような声明が霊感を受けているとなると何が起こるのか。神はありそうな声明、疑わしい見解、または単なる意見を吹き込むことができたのだろうか。答えは然りである。そして神は人間の記者によって肯定されたものをそれ以上でも以下でもなく断言する。言い換えれば、もし人間の記者が疑わしい声明を主張するならば、神の霊感はその主張の性格を変えることはない。 それは霊感を受けたけれども疑わしい所見として残るだろう。この種の古典的な証明を提供するのは聖パウロである。彼は非常に憤慨してコリント人に話している。

「あなたがたはパウロの名によって洗礼を受けたのですか。

A. クリスポとガイオ以外に、あなたがたの誰にも洗礼を授けなかった!だから、わたしの名によって洗礼を受けたなどと、誰も言えない筈です。

B. もっとも、ステファナの家の人たちにも洗礼を授けました。

C. それ以外はだれにも授けた覚えはありません。」 一コリント 1,13-16

パウロの考えは分かる。彼はある種の熱情をこめてクリスポとガイオ以外の誰にも洗礼を授けなかったと言っている(声明A)が、そこで彼はステファナの家族にも洗礼を授けたことを思い出す(声明B)。そしてその他覚えがないと言って終る。「それ以外はだれにも授けた覚えはありません」(声明C)。本当に自然な話し方である。これら三つの声明はまとめて解読しなければならない。BとCはAを言い直している。さらに、三つの声明全体には疑問が残る。テキストが霊感によると云うことはこの人間的側面を変えてしまう。三つの声明の一つ一つがドグマなのであろうか。疑問を確かなものにしてしまうのだろうか。勿論そんなことはない! 彼が何人に洗礼を授けたのかは問題ではないということがパウロの基本的な主張である。何故なら大切なのは彼らがイエスの名において洗礼を受けたことである。ニュアンスのあるこの基本的声明こそ彼が実際に聖霊によって断言していることである。

コヘレトの疑問

コヘレトの著者は人間の真実の問題と取り組む。人生の目的は何か?人間が太陽の下で心の苦しみに耐え、労苦して何を得るのか?(コヘレト2,22) これは著者が何回も繰り返すテ-マである。彼の前に人生は大きな疑問符をが付けられている。「短く空しい人生の日々を、影のように過ごす人間にとって、幸福とは何かを誰が知ろう」(コヘレト6,12)彼は死後についても問題を提起する。「人間に臨むことは動物にも臨み、これも死に、あれも死ぬ。同じ霊を持っているに過ぎず、人間は動物に何らまさるところはない。すべては空しく、すべてはひとつのところに行く。すべては塵から成った。すべては塵に返る。人間の霊は上に昇り、動物の霊は地の下に降ると誰が言えよう」(コヘレト3、19-21) 著者は自分の疑問に完全な答えを見出さない。悪人を罰し、善人に報いる神に信頼するが(コヘレト 8、12;12,1)、苦難に充ちた人生の究極的な目的についての彼の問題は残る。

この霊感を受けた書物をどうするのか。 答えは簡単である。神は声明を作るためでなく疑問を挙げるために哲学者、思想家などに霊感を与えた。同時代の人に苦しみや死が解決不可能な謎であることを分からせるために考えさせるのが彼の役割であった。それはこれらの問題に対する神による解決を与えるキリストがもたらした啓示と救いであった。ここでまた霊感を受けて書かれた書物の性格にインスピレ-ションが同行したのである。著者は完全な解決を提供しないで問題を指摘しようとしただけであり、神はそれ以上ではなく、ただそれだけを彼に示唆したのである。

創造物語のイメ-ジと教え

創世記1,1-24に天地創造の記述がある。著者は6日間の型通りの話を紹介する。6日の間に神が当時受けいれられていた宇宙の科学的イメ-ジに沿ってすべての物を創造したと述べている。即ち、空の丸天井を屋根として持つ平らな地球と明かりとして太陽と月。霊感を受けた著者は何を証言したかったのだろうか。彼は科学を教えようとしたのか。彼は文字通り6日間費やしたことを意味したのだろうか。テキストを分析すれば、神がすべてを創造したこと、すべてを美しく造ったこと、人を全宇宙の最高のものとしたこと、人が7日毎に神を礼拝することを望んだことなどを信仰の真実として人に教えたかったことは明白である。これを著者が断言したかったのであり、それはまた、神は私たちがこのことを分かり、信じることを望んだと云うことである。天文学、科学、生物学などは彼の考えになかった。

いわゆる聖書の矛盾を取り上げてみよう。確かに矛盾があるが、教えに影響を及ぼすような主張や断言の中にはない。主張がその下に隠されている偶然の飾りものに付随して矛盾が見つかる。創世記1,20-28(第一の創造物語)は人の創造が神の創造の業の最後を飾るものとして語られている。創世記 2,7(第二の創造物語)は人の創造から始まる。矛盾は用いられたイメ-ジに関してであって、人が神に創られたすべての被造物の中で最高であると云う双方のくだりにある根本的な主張に関してではない。

イエスが意図した言動の範囲

善いサマリア人の譬えの中でイエスは「ある人がエルサレムからエリコへ下って行った….」と言った(ルカ 10,30-38)。

イエスは何を言いたいのだろうか。確かに兄弟的愛の必要性(「あなたも同じようにしなさい」 37節)であるが、実際には出来事はそうでない。

イエスは言う「人の子には枕する所もない」(マタイ 8,19)

イエスは石について教えようとしたのだろうか。彼は枕するために石が見つからないとか買えないとかを文字通り意味したのか。実際にはヨハネの福音書にあるようにイエスは何がしかの金は持っていた(ヨハネ 13,29)。実は彼が言いたかったのはこの物を所有することに執着しないことであった。

イエスは「あなたがたは『先生』と呼ばれてはならない。あなたがたの師は一人だけで、あとは皆兄弟姉妹なのだ。地上の者を『父』と呼んではならない」(マタイ 23,8-9)。

イエスは本当にこのような肩書きを禁じたのだろうか。何を考えていたのだろうか。

「一切誓いを立ててはならない….あなたがたは『然り、然り』『否、否』と言いなさい」(マタイ 5、33-37)。

イエスは裁判で誓うことを禁じるのだろうか。これが彼の本当の意図だったのか。イエス自身マタイ 26,63-34で誓って話している。

「悪人に手向かってはならない。誰かがあなたの右の頬を打つなら、左の頬をも向けなさい」(マテオ5,38-41)。

イエスは自己防衛を禁止しているのだろうか。国が警察や軍隊を持つことを禁じるのか。彼は何を言いたかったのだろう。頬を打たれた時イエス自身がどのように抗議したのかを(ヨハネ 18,22-23)見るとよい。 ロマ 13,4も参照。

さらに、他のテキストも参照してみよう。イエスは一晩中祈ったということである。そして彼は「自分が望むある人たち」を呼んだ。神の国を告げ知らせるために選んだ12使徒である。

「12使徒の名は次のとおりである。まずペテロと呼ばれるシモンとその兄弟アンデレ、ゼベダイの子ヤコブとその兄弟ヨハネ、フィリポとバルトロマイ、トマスと徴税人のマタイ、アルファイの子ヤコブとタダイ、熱心党のシモン、それにイエスを裏切ったイスカリオテのユダである」(マタイ10,1-4;円子、16-19、ルカ6,13-16)。

彼らは12人の男性たちである。彼らの中に一人の女性もいない。教理省はイエスが他の時には女性に対して非常な繊細さを示されたと言う。「彼女たちのために一度ならず社会的習慣を破ったが、ここではそうではない。彼はこの使徒団に一人の女性さえ入れることを拒んだ。それは教会の中で女性が指導者になることを欲しなかった証拠である。故意に一人の女性も選ばなかったことで彼は永劫に女性を司祭叙階から排除した」のだと。

論争はイエスの行為の意図された範囲を超えているので行きづまる。

  • 何故なら12人の使徒はユダヤ人であった。彼らの中に一人のユダヤ人もいなかった。しかし、ではイエスは司教や司祭にユダヤ人だけを望んでいたということなのだろうか。
  • また、すべての12使徒は自由民で、奴隷の出身者は一人もいなかった。それは以前奴隷だった人を除外するのだろうか。
  • では彼が女性より男性を選んだのは女性の故意の排除なのだろうか。

真実は当時の社会的条件の中で最も実際的なことであったので、イエスは12人の自由民のユダヤ人を選んだ。イエスは未来の指導者を選ぶのに限られた余地しか持っていなかった。絶対に彼は未来の世代を決めるのにある特定の範疇の人々を指導者から除外することなど意図しなかった。それは明らかに彼の行動の自由の外にあった。

『家族慣例』の意図する範囲

同じことが新約聖書のいわゆる家族慣例について言っていることにも適用される。即ち、異なる条件下の人たちがどのように振舞うかを提示する。その典型的なものを紹介しよう。

「妻たちよ、主を信じる者に相応しく、夫に仕えなさい。

夫たちよ、妻を愛しなさい。つらく当ってはならない。

奴隷たちよ、どんなことにつぃても肉による主人に従いなさい。人にへつらおうとしてうわべだけで仕えず、主を畏れつつ、真心を込めて従いなさい。何をするにも、人に対してではなく、主に対してするように、心から行いなさい。

あなたがたは、み國を受け継ぐという報いを主から受けることを知っています。あなたがたは主キリストに仕えているのです….

主人たち、同じように奴隷を扱いなさい。知ってのとおり、あなたがたにも主人が天におられるのです。

コロサイ 3,18-41;エフェソ5,22-6,9;一ペトロ 2,18-3,7;一テモテ 6,1-2

このようなくだりは明らかにキリスト信者の家庭が平和に生きるよう励ますためである。指導者たちは改宗者に同じように教えたユダヤ教徒たちから多分一連の助言のリストのコピ-を持っていたのであろう。提言が部分的に新しいキリスト教の展望と当時の社会の標準的な期待を汲んだ特別なものであった。意図はその時の具体的な状況下のキリスト信者の家族を導くことである。

D.DAUBE, The New Testament and Rabbinic Judaism, London 1956, pp. 90-140, 336-351; D.SCHROEDER, Die Haustafeln des Neuen Testaments, Hamburg 1959; J.E.CROUCH, The Origin and Intention of the Colossian Haustafel, Göttingen 1972; W.LILLIE, ‘The Pauline House-tables’, The Expository Times 86 (1975) pp. 179-183.

これもまた彼らの限界である。何故なら家族規定を教えたカテキスタは男女の基本的平等、またはすべての奴隷が自由になるために奪うことのできない権利などのような根本的な問題を扱わなかった。それはただ彼らの考えを越えることであった。パウロが男も女も、自由な身分も奴隷も、ギリシャ人もユダヤ人の区別もない(ガラテヤ 3,28;コロサイ 3,11;ロ-マ 10,12)と断言するように、そのような基本的な事柄は他の箇所で触れられている

従って、これらの家族論議が奴隷制や女性の男性への従属を霊感によって支援するのを主張することは全くの間違いである。然しこれはまさしく過去において神学者がいかにこのような箇所を用いたか、今日でも原理主義者たちが使うかを示すものである。間違いは霊感を受けた著者が持っていなかった意図をインプットすることにある。

聖書を表面的に読む人たちが大きな過ちを作ってきた。彼らは大切なのは語り手の意図ではなく言葉の響きだと信じているか、聖書記者が言わんとしていること以外のテキストに自分たちの思いを入れ込むのである。

意図する範囲の原則は他の規則と密接な関係にある。

固い殻の中には一体何があるのか

聖書からの論争

伝統からの議論

神学的論争

教導職

声を挙げる義務

これは一体全体何なのか

声を挙げる義務

これは一体全体何なのか

固い殻の中には一体何があるのか

.

1 .キリストにおける一つの祭司職

2.司式する力を受けて

3.文化的偏見

4.女性は嘗て助祭であった

5.女性が叙階され得ることは教会の潜在的な伝統の中にある

6.他のキリスト教会は女性司祭を受け入れている

7.実は女性もまた司祭になるべく招かれている

何時も問われる質問を参照せよ


ジョン・ワインガーズ著『女性はなぜ司祭になれないのか』

John Wijngaards, The Ordination of Women in the Catholic Church, Darton Longman Todd, London, 2001, 204pp.

「日本語テキスト全文を見るにはここをクリック」

Please, credit this document
as published by www.womenpriests.org!

『文字通り』の認識

『文字通り』の認識

『文字通り』の認識

Scriptural Meaning!

The literal sense

Rationalizations!

Intended Scope Literary Forms Meaning of a text

規則 1. 神が私達に何を告げているのかを結論ずける前に聖書記者が言いたかったことを知らねばならない。

「霊感を受けた作者、即ち、聖書記者によって主張されていることはすべて聖霊によって主張されているのである…..聖書解釈者は神が何を我々に知らせようと望んだかをよく知るために、聖書記者が実際に何を意味しようとしたか、また彼らの言葉を通して何を示すのが神意であったかを入念に研究する必要がある。」

第二バチカン公会議、神の啓示に関する教義憲章、No.11-12

『文字通りの』認識は聖書の人間である作者が意図した意味である。

注意:重要な要素は作者の意向であり、言葉の『直訳』の意味ではない。

何故『直訳』の認識はダメなのか

基本から出発して簡単な例を挙げよう。マタイ福音書にイエスの大切な訓戒がある。

敵を愛しなさい。
自分を迫害する者のために祈りなさい。
あなたがたの天の父の子となるためである。父は悪人にも善人にも太陽を昇らせ、正しい者にも正しくない者にも雨を降らせて下さるからである。1

マタイ 5,44-45

一般的な意味ははっきりしている。しかし、それ以上確かめ、神が『太陽を昇らせる』と云うことが何を意味するかを問うとする。問題なのは言葉だと思う落とし穴にはまってしまい、そこで辞書で調べる。

これは原理主義者と直訳主義者がすることである。彼らは言葉の意味から言い回しを理解することができると考えるが、深刻な過ちを犯してしまう。

原理主義者とは狭量で、反科学的で、しばしば不寛容な教義を固持する保守的キリスト信者を意味するようになった。1902年『原理』と呼ばれる12のパンフレットを作ったアメリカ聖書連盟にこの名は由来する。このような聖書の伝統的解釈では新しい聖書研究に対して自己防御的になる。

直訳主義者は文脈や文体に関係なく、言葉の表面的な意味からテキストを解釈する。彼らの解釈を『文字通り』の解釈と混同してはならない。

I例えば16世紀に天文学者コペルニクスは太陽が地球の周りを回っているのではなく、地球が太陽の周りを回っていることを提示した。直訳主義キリスト者はこれを「霊感を受けて書かれた聖書に反する」として、あり得ないことだと退けた。マタイ5,45のイエスが「父は太陽を昇らせ…」の箇所を引用してこの主張を証明した。従って、太陽が動くのであって、地球ではないと言った。同様にもう一つの誤解したテキストはヨシュア10,12-15で、ヨシュアが太陽を留まらせたくだりである。このような直訳主義者の解釈に基づいて、ガリレオ・ガリレイは1632年に自動説の撤回をロ-マから命じられ、一生涯軟禁の憂き目をみた。

しかし、もし言葉がそれ自体で意味を決めないなら、どこでそれを見つけるのだろうか。答えはいわゆる『文字通りの認識』にある。

『文字通り』の認識とは

テキストの文字通りの意味とは『直訳主義者』の意味とは反対に、話し手や原作者が意図した意味のことである。言いかえるならば、この人が何を言いたいのかを考えなければならない。私たちは著者が実際に考えていることを増し減らしなく、書かれたものから読み取らないかもしれない。

イエスが天の父が善人にも悪人にも同じように太陽を昇らせる例を引用した時、彼は天文学を教えるつもりはなかた。現代科学はとに角イエスの視野の外にあり、彼の聴衆の理解を超えるものであろう。イエスは私達が今日でもするように日常の表現を用いるのである。私たちは天文学上の知識を持っているにもかかわらず『太陽が昇る』と言うのである。

ここで私達はすべての聖書記者に応用する大切な原則について話している。実際に意味することは神が人間の書き手を通して話すので、神は人間の考え方、感じ方、話し方に従うのである。私達は彼の人間である道具が言わんとすることを知ることによって神が言おうとすることを知るだけである。

『文字通り』の認識の原則は他の原則に密接に関係している。

固い殻の中には一体何があるのか

聖書からの論争

伝統からの議論

神学的論争

教導職

声を挙げる義務

これは一体全体何なのか

声を挙げる義務

これは一体全体何なのか

固い殻の中には一体何があるのか

.

1 .キリストにおける一つの祭司職

2.司式する力を受けて

3.文化的偏見

4.女性は嘗て助祭であった

5.女性が叙階され得ることは教会の潜在的な伝統の中にある

6.他のキリスト教会は女性司祭を受け入れている

7.実は女性もまた司祭になるべく招かれている

何時も問われる質問を参照せよ


ジョン・ワインガーズ著『女性はなぜ司祭になれないのか』

John Wijngaards, The Ordination of Women in the Catholic Church, Darton Longman Todd, London, 2001, 204pp.

「日本語テキスト全文を見るにはここをクリック」

Please, credit this document
as published by www.womenpriests.org!

文学形式

文学形式

文学形式

Scriptural Meaning!

The literal sense

Rationalizations!

Intended Scope Literary Forms Meaning of a text

規則2.多くのテキストで聖書記者が用いている文学形式を分析して教えを識別しなければならない。.

「しばしば文学形式 は今日の書き手に比べると、古代オリエントの書き手の言語と書体ははきりしない。何故なら彼らの書体で表現しようと意図したものは文法と哲学の原則や単に内容によってのみ決まらないからである。書き手が用いようとした、また実際に用いた文学形式が何であったかを発見するために、解釈者は古代オリエント時代の精神に戻り、歴史学、考古学、民俗学、他の学問の助けを借りることが絶対に必要である。

ピオXII, Divino Afflante, Spiritu, Denz 2294(3829-3830)

「聖書記者の意図を明らかにするには、中でも『文学形式』を考慮しなければならない。実際、種々の方式での歴史的な、あるいは預言的、あるいは詩的な書において、又その他の表現形式において、真理は違った方法で語られ、かつ表現されている。解釈者は聖書記者が一定の事情の下で、その時代と文化の状態に従って、その時代に用いられていた文学形式を用いて表現しようと意図し、表現した意味を探さなければならない。」

第二バチカン公会議、 神の啓示に関する教義憲章、11-12項

『文学形式』とは何か

あなたは日刊紙を開き、一頁目に「英国皇太子が抜歯した」との見出しを見たとする。新聞のもっと中ほどに「国家の虫歯に対する闘い」という見出しの記事があり、下の方に歯並びのきれいな女の子が微笑んで「練り歯磨きは健康と美しさを保証する」と言い、連載漫画ではタ-ザンが歯を一本も折らずに自分を噛んでいる。

今これら一つ一つについてあなたがどのように判断するか見て欲しい。ためらわずに英国皇太子の歯の治療は事実だとするであろう。虫歯の記事は書き手の意見に同意しないかも知れないが一考するであろう。次の練り歯磨きの広告は信じないかもしれない。そしてタ-ザンの歯がどうなるかについては心配などしないであろう。 では、ここでもう一度考えて欲しい。どのようにそんなに直ぐにこれら一つ一つを評価したのだろうか。答えは簡単である。新しいニュ-ス、指導者、広告と漫画などと自動的に異なる種類に分類し、位置づけて、それぞれを評価したのである。

文学形式は私達が話したり書いたりする時用いるものである。 具体的に考えるのとは反対に私達の言葉の意味は辞書だけで決まらない。「グラスゴ-行き特急は昨夜8時半にロンドンを出発した」と云うアナウンスを考えてみよう。辞書と百科事典は単語一つ一つの意味を立証する。しかし私達はこの声明がどのような書き方で、どのような『文学形式』でなされたのか知らない限りその真の趣旨を見極めることはできない。もしそれが鉄道の正式な発表で言及されたのであれば、それがその通りだと思う。もしそれが個人的な手紙の中でなら数分のずれがあると思う。しかしながら、もし文章が推理小説の中でのことなら単なる作り話と見なすのである。

本屋に入って本の中に色々な種類の文学形式があるのを見つける。特別に努力しないでもそこには祈祷書、文法、技術的マニュアル、詩選集、哲学書、学校要覧、随筆集、その他の軽い読み物などがあるのが分かる。どのようにしてそんなに簡単に見分けられるのだろうか。少し考えれば私達は普通三つの特徴によって分類するのが分かる。

a. 内容によって.

料理入門、鉄道案内、詩の本などはそれぞれどの種類に属するのかすぐ分かる。 内容を一瞥すればよいからである。

b. スタイルによって.

祈祷書と推理小説を比べれば、内容は別として本のスタイルにれっきとした違いがある。使われている言葉とスタイルでどんな書物なのかが直感的に分かる。

c. 「生活の中に設定されて」いるので

それぞれの文学形式は生活上の特有の情況から生まれる。学校制度を誰でも知っているので、典型的な学校便覧はすぐにそれと分かる。私達は教会で賛美歌を歌うので『聖歌集』もすぐ分かる。

要するに(c) 生活の中の特有な情況から生まれ、(a) その固有の内容を持ち、(b) 独特の言葉とスタイルを用いて話したり、書いたりするものとして文学形式を定義できるだろう。

旧約聖書における『文学形式』

私達が自分達の文学形式を扱う限り、細かい分析の必要性は余りない。息をするのに呼吸の複雑なメカニズムに注意しないように、種々の文学形式を区別し選ぶのである。充分な空気がある限り呼吸することに問題はない。しかし潜水艦や地球の大気圏から出る宇宙船のために肺に充分な酸素を供給することは多くの研究と不断の警戒を要する大問題になる。同じことか自分の環境から出て他の知的世界に移る人についても云える。 突如として文学形式は研究と絶え間ない警戒が要求される最重要な課題になる。もしプラトンが私達の国に現れるようなことがあったとしたら、彼は私達の分額形式に意識的に順応する必要があろう。彼は日刊紙を読むのに家庭教師が必要になるだろう。「この広告を本気にしなくてもよい」とか「この話は単なる気晴らしのためだ」、「編集者へのそのような手紙は個人的な意見に過ぎない」などと。暫くして確かに彼は書かれたり、言われたりしていることの内容、語彙、スタイル、生活環境による私達の文学形式を見分けることを学ぶだろう。

聖書を読む時、私達から縁遠い世界に入ることを心に留めるべきである。例えば、詩篇を取り上げれば、私達にとり彼らは皆一つのカテゴリ-のように見える。しかし、ユダヤ人は賛美、巡礼の歌、個人や民全体のための祈願、教訓のためのバラ-ド、感謝の祈りなど等の詩篇の異なる文学形式を直ぐに分かるであろう。私達が宗教的な賛美歌、兵士の歌、行進曲または舞曲などを見分けるように、彼らはそれらを直ちに正しく見極めるのである。私達はユダヤ人の生活やメンタリティを直接知らなくても、詩篇の様々な歌を次第に学ばなければならない。

預言書にもまた私達が慣れなければならない文学形式の数え切れないほどの例がある。 説教はヤ-ベに対する忠誠についてある種の基本的な真理をよく認識させることを目的とする。 契約からの脅迫、預言者の約束、哀悼の歌などは非常に技巧的に表現されていて、また私達が気付かない。予言者の忠告は法体系、法廷のしきたり、市場、祭り、パ-ティ、契約の更新、イスラエルの現実の生活環境についての知識がなければならない。そのようなことを知って初めて私たちは文学形式を理解することが可能となり、同時に預言者たちの真のメッセ-ジを把握するのである。

この点について旧約聖書の歴史書はそれ程複雑ではないと考えてはならない。相違は確かにある。旧約聖書における歴史的記述は多様な文学形式で表わされている。私たちはいつも聖書の記述を目撃されたリポ-ト、歴史的協定、伝記など、自分たちが知っているカテゴリ-に関連づけようとする。これは致命的な失敗で、多くの人を終わりのない考え違いに導いた。聖書記述の文学形式が私たちにとり異質のもので、それを学ばなければならないことを悟るべきである。

そのような文学形式の徹底的な分析は根本原因についての短い説明では不可能であるが、幾つかの例を挙げることはできる。ユダヤ人の語り手たちは度々場所とか人がどのようにその名を貰ったかを説明する。そのような原因論で大切なのは事実の正確さではなく問題の名前の説明なのである。ユダヤ人もそのような英雄伝説が社会学的成長のある段階において当然のことであることを知っていた。もーセ、エリアとエリシャを巡って生まれたその種の予言的伝説は預言者たちを通して神の直接的な行動をより強力に分からせるために奇跡を誇張する。列王記では正確な年代記報告に不足はない。神学的記述は理論的な解釈を物語の記述に投影させることにある。創世記1章の六日の創造物語を見たらよい。捕囚後のユダヤ人の説教師たちは霊感を受けた教えを説明するためにミドラシュと呼ばれる小説のような物語に頼った。このようにしてヨナ、トビト、ユディット、エステル、ダニエル各書が生まれたのである。これらの文学形式の一つ一つはそれぞれの特徴に従って研究され評価されなければならない。

新約聖書における『文学形式』

抑圧を正当化するためにしばしば引用されてきた福音書からの例を挙げよう。

あなた方の中の誰かに畑を耕すか、羊の世話をして帰ってきた奴隷がいるとしよう。 彼に「すぐ来て食事の席につきなさい」と言うだろうか。むしろ「食事の用意をしてくれ。腰に帯を締め、私が食事を済ますまで給仕してくれ。お前はその後で食事をしなさい」と多分言うのではないだろうか。

彼は奴隷が命じられたことをしたことに感謝するだろうか。 同じように、言われたことをすべて成し遂げた時に「私たちは取るに足らない僕です。しなければならないことをしただけ」と言いなさい。

ルカ 17:7-10、マタイ 10:24-25,13:27-28、18:25など

上のテキストは教会当局や神学者たちが奴隷制が神の望んだことだと証明するために使われた。彼らはイエス自身が奴隷制を容認していたと言った。イエスが奴隷の例を使ったことは奴隷の従属を当然のこととしたのだと。従って神のみ旨に反しない良いことになる。

神学者達はこの種の主張を19世紀後半まで繰り返した。そして「人が僕として主人に仕える奴隷制は確かに信仰の事柄で、合法的であり、これは聖書から立証できる」という確固とした結論に達した。

代表作:LEANDER, Questiones Morales Theologicae, Lyons 1692;Volume 8, De Quarto Decalogi Precepto, Tract IV, Disp.I.Q.3

カトリック教義の純粋性を護る筈のロ-マ聖庁でさえ1868年6月20日「奴隷制そのものは自然法にも神法にも全く矛盾せず、奴隷制の正当な権利さえあり得ると教会法の公認神学者や仲介者たちが言及している。奴隷にとり売買、交易、贈与されるのは自然法と神法に反することではない」と宣言した。

J.F.MAXWELL, ‘The Development of Catholic Doctrine Concerning Slavery’, World Jurist 11 (1969-70) pp.306-307.

福音書からとられた議論の誤りは何なのだろうか。

間違いはイエスが実生活からの例を用いた際に彼が描写したことについて彼が認めたと想定したことにある。確かに私たちは判例から何かを学ぶことはできるし、そこにはメッセ-ジがある。しかし例そのものについては、彼は社会で見られる事実のありふれた出来事として簡単に使ったまでのことである。

イエスは人の子が夜やって来る泥棒のように来ると言われる(マタイ24:42-44)

それでは彼は盗みを奨励するのだろうか。

イエスは不正直な管理人を褒めている(ルカ16:1-3)

彼は商売で誤魔化すことを許すのだろうか。

イエスは貧しい人に厳しい裁判官を神になぞらエルのだろうか(ルカ18:1-8)

彼は神が不正を行うと教えるのだろうか。

イエスはみすぼらしい身なりの客を罰する王のことを話している(マタイ22:11-14)

これは良い身なりについての教訓なのだろうか。

善いサマリア人は男の傷に酒と油を注いだ(ルカ10:34)

医者はこれに見習うべきなのか。

次から次へとイエスは沢山の話を度々詳しく、いつも実生活から話す。それらの話は例証に過ぎないことは誰にでも分かる。同じことが奴隷制についても云える。

この場合、イエスの態度は他のテキストで彼が言っていることからも明白である。何故なら彼は自分の奴隷の奉仕を当たり前と思っているような普通の主人につて語るが、これをキリスト者が真似ることを彼は期待しているのではない。

イエスが私たちに望むことはこれである。

「あなたがたの中で偉くなりたい者は、皆に仕える者になり、
一番上になりたい者は、皆の僕になりなさい。

人の子が仕えられるためではなく仕えるために来たのである。」

マタイ20:26-28

「主であり、師である私があなたがたの足を洗ったのだから、
あなたがたも互いに足を洗い合わなければならない。」1
1

ヨハネ13:14-16 主人の足を洗うことは奴隷が彼に従属している身分の法的なしるしであった;J.D.M.DERRETT, `Domine, tu mihi lavas pedes?’, Biblia e Oriente21(1979) pp.13-14. ルカ3:16を見よ。

一生懸命働く奴隷から奉仕することの尊さを勿論学ぶことができる。イエスが用いる文学形式から、これが彼の意図したことだと分かる。しかし主人の奴隷の扱い方をイエスが赦したのではないこと、または奴隷制そのものをキリスト者の実践として勧めたのでないことは明白である。当時の認識に従ってイエスは奴隷制を単に容認しただけである。

ここで考ええいる文学形式は『たとえ話』と『類似』のそれである。イエスがたとえ話と実例を使う時、イメ-ジと例証のある話そのものとイエスが教えたいと思う話のポイントとを区別しなければならない。創造の物語で表現形式と提示を通して伝えられる教えとを同じように区別した。この場合もまたこれを一般的原則として組み立てることができる。

聖書が言っていることの意味は文学形式を検討して初めて決まる。「本当にそれは起こったのだろうか」とか「彼は何を言おうとしているのか」と云う疑問は神が聖書記者を通して語ったことを「聖書に偽り、うそがある筈がない」とか「辞書で言葉の意味を調べなさい」などの一般的な指示で解決されルことはあり得ない。彼は彼らの言葉で話した。彼は彼らの思考方法に準じてメッセ-ジを作った。彼は彼の人間としての条件で断言することを望んだ。そして彼らが断言したいことは彼らが用いる文学形式を注意深く研究して始めえ明確に定義できるのである。

『文字通り』の原則は他の原則と密接に結ばれている。

固い殻の中には一体何があるのか

聖書からの論争

伝統からの議論

神学的論争

教導職

声を挙げる義務

これは一体全体何なのか

声を挙げる義務

これは一体全体何なのか

固い殻の中には一体何があるのか

.

1 .キリストにおける一つの祭司職

2.司式する力を受けて

3.文化的偏見

4.女性は嘗て助祭であった

5.女性が叙階され得ることは教会の潜在的な伝統の中にある

6.他のキリスト教会は女性司祭を受け入れている

7.実は女性もまた司祭になるべく招かれている

何時も問われる質問を参照せよ


ジョン・ワインガーズ著『女性はなぜ司祭になれないのか』

John Wijngaards, The Ordination of Women in the Catholic Church, Darton Longman Todd, London, 2001, 204pp.

「日本語テキスト全文を見るにはここをクリック」

Please, credit this document
as published by www.womenpriests.org!

固い殻の中には一体何があるのか

聖書からの論争

伝統からの議論

神学的論争

教導職

声を挙げる義務

これは一体全体何なのか

声を挙げる義務

これは一体全体何なのか

固い殻の中には一体何があるのか

.

1 .キリストにおける一つの祭司職

2.司式する力を受けて

3.文化的偏見

4.女性は嘗て助祭であった

5.女性が叙階され得ることは教会の潜在的な伝統の中にある

6.他のキリスト教会は女性司祭を受け入れている

7.実は女性もまた司祭になるべく招かれている

何時も問われる質問を参照せよ


ジョン・ワインガーズ著『女性はなぜ司祭になれないのか』

John Wijngaards, The Ordination of Women in the Catholic Church, Darton Longman Todd, London, 2001, 204pp.

「日本語テキスト全文を見るにはここをクリック」

botjp_gr

固い殻の中には一体何があるのか

聖書からの論争

伝統からの議論

神学的論争

教導職

声を挙げる義務

これは一体全体何なのか

声を挙げる義務

これは一体全体何なのか

固い殻の中には一体何があるのか

.

1 .キリストにおける一つの祭司職

2.司式する力を受けて

3.文化的偏見

4.女性は嘗て助祭であった

5.女性が叙階され得ることは教会の潜在的な伝統の中にある

6.他のキリスト教会は女性司祭を受け入れている

7.実は女性もまた司祭になるべく招かれている

何時も問われる質問を参照せよ


ジョン・ワインガーズ著『女性はなぜ司祭になれないのか』

John Wijngaards, The Ordination of Women in the Catholic Church, Darton Longman Todd, London, 2001, 204pp.

「日本語テキスト全文を見るにはここをクリック」

Seven Reasons why

Seven Reasons why

女性は叙階され得るし、
される筈の七つの理由

1.キリストにおける一つの祭司職
洗礼を通して女性と男性は同じようにキリストの新しい司祭職に参与する。これは聖なる叙階への道を開く。 クリック

2.司式する力を受けて
最後の晩餐でイエスは女性にも男性にも権能を与えた。両性共に感謝の祭儀を司式するために叙階されることができる。 クリック

3.文化的偏見
女性を司祭に叙階しないという教会の伝統は女性に対する三重の偏見に基礎を置く。これは教会の判断をくるわせた。クリック

4.女性は嘗て助祭であった
少なくとも九世紀まで教会は女性たちに秘跡としての叙階を授け、助祭に挙げていた。これは女性も司祭に叙階され得ることの証明である。 クリック

5.女性が叙階され得ることは教会の潜在的な伝統の中にある
一例は司祭としのマリアへの古い新人である。「信仰のセンス」によれがマリアにおいて女性への法度は既に克服されていることを示している。クリック

6.他のキリスト教会は女性司祭を受け入れている
誠実な研究と祈りを通して他のキリスト教会は現在女性を司祭に叙階している。これらの教会がしていることのすべてをカトリック教会が受け入れることができないにしても、キリスト信者のコンセンサスは女性叙階がキリストのみ旨にかなうものであることを示している。クリック

7.実は女性もまた司祭になるべく招かれている
多くのカトリックの女性たちが自分たちの中に芽生える司祭職への召命は無視することができない聖霊の働きであることを祈りの中で悟っている。クリック

結論:女性叙階禁止の正当な議論はない。多くの誠実なカトリックの論争はこれに賛同している。

固い殻の中には一体何があるのか

聖書からの論争

伝統からの議論

神学的論争

教導職

声を挙げる義務

これは一体全体何なのか

声を挙げる義務

これは一体全体何なのか

固い殻の中には一体何があるのか

.

1 .キリストにおける一つの祭司職

2.司式する力を受けて

3.文化的偏見

4.女性は嘗て助祭であった

5.女性が叙階され得ることは教会の潜在的な伝統の中にある

6.他のキリスト教会は女性司祭を受け入れている

7.実は女性もまた司祭になるべく招かれている

何時も問われる質問を参照せよ


ジョン・ワインガーズ著『女性はなぜ司祭になれないのか』

John Wijngaards, The Ordination of Women in the Catholic Church, Darton Longman Todd, London, 2001, 204pp.

「日本語テキスト全文を見るにはここをクリック」