Category: Nihongo

何故敢えて教導職に挑戦するのか:なりがちな種類の「教義」に属す

何故敢えて教導職に挑戦するのか:なりがちな種類の「教義」に属す

何故敢えて教導職に挑戦するのか
なりがちな種類の「教義」に属す

世紀を通じてキリスト教教義の公式表現はその時代の文化に影響されてきた。文化の変化は三位一体、受肉などの中心的教義にも影響を与えた。然し「周縁の教義」は完全に当時風靡した主要文化に乗っ取られてしまった。

  • 社会的秩序 — 民主主義は禁じられ、王は「神権によって」統治すると考えられ、階級制度は教会内で是認され、植民地主義は教皇によって支持された。
  • 被造界 — ガリレオは地動説を唱えて異端と宣告され、占星術は大事にされ、
  • 典礼 — ロ-マの普段着が「聖なる祭服」になり、司教は封建領主として扱われた。ラテン語は神の言葉だと考えられていた。
  • セクシュアリティ — グノ-シス派的恐怖が否定的な道をつくり、ロ-マとドイツの民法が婚姻の規則を作った。

女性は文化的見地から司祭的機能の行使から排除された。

女性は「美しい被造物」だと考えられていたが、男性よりはるかに劣っていた。

  • 余り知的でない
  • 情緒的に不安定
  • 信頼できない
  • 指導力を発揮する能力がない

クリック

              

女性の卵子について無知のために子孫を造ることは男子の精子だけによって新しい生命が造られるのだとした。

これがトマス・アクイナスのような神学者たちが女性の叙階を除外した理由であった。

クリック

女性はまたひどい「弊害」即ち、毎月のメンスに苦しんだ。これが神の聖なる祭壇で女性が奉仕するのを相応しくないとした。

 メンスの血は不潔で、恐ろしく、それを触れば危険であるとされた。タブ-はロ-マでひどく、中世を経て世紀に至るまで続いた。

この期間中女性は教会に入り、ミサに与り、聖体拝領することも禁じられた。時々手の上に布を広げ、聖体を受けた。彼女たちは確かに祭壇に近づくには余りにも「不潔」なのであった!

クリック

あげくのはてに、男性が罪を冒すのは女性のせいにされた。

エバはアダムを誘惑したと侮られ、神のエバへの呪いの罰である男性への従属をすべての女性は
常に背負わせられた。

クリック

司祭的奉仕職からの女性の排除を支えたのは文化的な偏見であった。ただ教会の権威はこの事実に目覚めていないということなのだ。

何故教導職に挑戦するのか よくなされる質問 次?
文化的変化 事実 歴史 真の忠実さ 信仰のセンス
フェミニズム? 不謬? 信憑性? 従順? 陰謀?
カトリック信徒の権利とは何なのか?
質問、提案、所見など?

固い殻の中には一体何があるのか

聖書からの論争

伝統からの議論

神学的論争

教導職

声を挙げる義務

これは一体全体何なのか

声を挙げる義務

これは一体全体何なのか

固い殻の中には一体何があるのか

.

1 .キリストにおける一つの祭司職

2.司式する力を受けて

3.文化的偏見

4.女性は嘗て助祭であった

5.女性が叙階され得ることは教会の潜在的な伝統の中にある

6.他のキリスト教会は女性司祭を受け入れている

7.実は女性もまた司祭になるべく招かれている

何時も問われる質問を参照せよ


ジョン・ワインガーズ著『女性はなぜ司祭になれないのか』

John Wijngaards, The Ordination of Women in the Catholic Church, Darton Longman Todd, London, 2001, 204pp.

「日本語テキスト全文を見るにはここをクリック」

The situation in the RC Church regarding women priests

The situation in the RC Church regarding women priests

The situation in the RC Church regarding women priests

by Naoko Iyori

This was presented to the Intensive Seminar organized in the summer of 2003 by the Japanese Feminist Theology /Mission Centre in Tokyo with the theme “The Situation of Women in Ecclesia: how female Christians suffer and struggle with the women clergy in their respective Churches.”

In the Roman Catholic Church women clergy are not supposed to exist, should not exist. According to the Church Law, only male baptized persons are allowed to be ordained as legitimate priests. (cf.Canon Law 1024, 274) In the course of time Rome declared that woman cannot be ordained as a priests nor deaconesses. This was added recently in the statement of the Congregation of Doctrine as well as in the Pope’s Apostolic Documents. The reasons given are that Jesus Christ was male. And also that He chose his apostles from among men. But the movement for the ordination of women started around the time of the Vatican Council II, becoming worldwide by now.

As there is no woman priest in Japan, the cases in Europe and America will be introduced here, how the women were ordained and are supported by the faithful in their respective places.

I. In Czechoslovakia

During the Communist regime the Czech Bishops’ Conference was out of communication with Rome. After the Synod of the underground Church in 1970 Bishop Felix Davidek ordained Ludmila Javorava and others according to his conscience in a legal and valid way, so that they might assist the prisoner nuns who were dying without priestly supports such as Confession and Eucharist. After the change of the regime their priestly activities were restricted, silenced and watched. Ludmira set forth the circumstances of her ordination in a letter to the Pope without receiving any reply yet. All this was revealed in 1995 when her report “Yes, I am a Catholic woman priest” was published. Now sometimes she accepts the invitations to talk to the groups such as Church reform and woman ordination.

II. In Austria and Germany

Last year on June 29 seven women, three from Austria and four from Germany, were ordained as priests an the Donau by Bishop Romulo Braschi, a bishop of the “Catholic-Apostolic Church of Jesus the King.” These women were well prepared for ordination by completing degrees in theology and were convinced of their genuine call to the priesthood. Their statement says that they dare to challenge the Church leaders to give the space to the women, protesting against the doctrine and Church Law that discriminate against them. They see themselves directly imitating Jesus who broke with laws that had been established by the hierarchical religious authorities of his time and his religion. Immediately the Congregation of Doctrine sent them warning for excommunication, inviting them to repent by the Feast of Maria Magdalena. The seven asked to have an opportunity to have dialogue in vain and were excommunicated in August.

Regarding this ordination on the Donau there are pros and cons within the Church, but where there is a higher rate of education, people seem to show understanding and support toward the women priests, giving the reason that this is the matter of their own faith on which nobody has right to say anything, and also that the rules of the Church can be changed. Besides, this is the sign that the Spirit is working vividly in the Church, and often Jesus and the prophets performed what was not ordinary. At the same time although they are not branded as heretical, there is a danger of the split in the movements in the Church.

In Austria one of the three was ordained as a bishop. She tells that besides teaching at school she engages in her pastoral works such as giving catechism and Baptism, celebrating Eucharist, wedding, hearing Confession, visiting the sick and also preparing other women for priesthood. According to her, there are some parish priests who mention in their sermons the necessity to have female as well as married priests.

In Germany, on the other hand, the four women, since they have been excommunicated, are not allowed to be around the Catholic Church, but the Protestant Church offers them to use their building to give conferences and homilies and to have liturgies. This spring, two of them, Ida Raining, a scholar of canon law, and Iris Mueller, a convert from Lutheran Church, were invited to USA for the length of five weeks, talking to about six thousand audience in all, giving some kind of impact and getting much support. It is said this may serve as a turning point for the Catholic Church there.

III. In USA

There are approximately 300 women priests all over the country, ordained by the support of their own communities in the movement for women priests since 1970s. The Catholic Church, once minority in this country, has grown in number with the immigrants from Latin America, Vietnam and the Philippines and they suffer from the shortage of priests for the pastoral care of the faithful. Along with the aging of the priests, the recent scandal of some priests, taken up by mass media so extensively and also the accountability of the bishops who are responsible, there grows the expectation for Church reform. In such situation the women priests seem to be the realistic need. Of course there is a criticism against this. But we understand this by taking account of their historical and social background in exploring the new land, overcoming all sorts of difficulties to form the new nations of their own, acquiring the freedom of raising their voice and the arguments, always searching for the possible solution in the actual necessity, and having learned through the civil rights and feminist movements, especially courage and boldness. Thus, the women priests are created, recommended and supported by their parish priests or by their communities from among those qualified women who are working is various forms of service in the Church.

IV. In Japan

There has been formed a group to work in conjunction with the worldwide network, studying how the women were playing their roles during Jesus’ time, Early and Medieval Church from the historical, biblical and theological standpoints as well as how the sexism sneaked in the Church, how the women deacons were excluded. etc. and discussing the concrete issues of the present Church. Like the Anglican women who have been walking together with the Catholic women in UK, here also some women from the Episcopal Church show their interest end concern with support and encouragement. Hopefully the Catholic women may wake up out of the long silence and invisibility in the patriarchal and authoritarian Church here, make use of their given gifts for the Church. Still there is a long way to go.

V. What would be ‘ordination’

A person to be a priest is ordained in the Christian community. recommended by the people of God who would lay their hands, which means not necessarily by the power of the apostolic succession as if some kind of magic being played down from Peter, the first bishop. The bishops lay hands representing the people of God. If they cannot play this role, the faithful should take back the role to lay bands as they used to do in Early Church. If the celibate male priesthood does not function it is quite natural for the well qualified women and married men should take theír place instead. It may be almost the time for the people of God to regain the power. And this kind of ordination should not be carried out as a protest against the Church authority but in the gathering of the Christian community, Ecclesia. Maybe the people of God should lay their hands upon those seven excomunicated women priests to cover the defects of that ordination on a boat on the Donau.

Naoko Iyori

See Women’s Ordination in Japan

固い殻の中には一体何があるのか

聖書からの論争

伝統からの議論

神学的論争

教導職

声を挙げる義務

これは一体全体何なのか

声を挙げる義務

これは一体全体何なのか

固い殻の中には一体何があるのか

.

1 .キリストにおける一つの祭司職

2.司式する力を受けて

3.文化的偏見

4.女性は嘗て助祭であった

5.女性が叙階され得ることは教会の潜在的な伝統の中にある

6.他のキリスト教会は女性司祭を受け入れている

7.実は女性もまた司祭になるべく招かれている

何時も問われる質問を参照せよ


ジョン・ワインガーズ著『女性はなぜ司祭になれないのか』

John Wijngaards, The Ordination of Women in the Catholic Church, Darton Longman Todd, London, 2001, 204pp.

「日本語テキスト全文を見るにはここをクリック」

Theological Arguments

Theological Arguments

神学的論争

Rome

ロ‐マの立場

以下『ロ‐マ』という語を教理省と教皇を意味するものとして用いる。

Freedom of Inquiry神学的反論

Background music?

    「キリストのペルソナにおいて行う」と言う表現の神学的歴史。女性がキリストのぺルソナにおいて行動することはできないと教父や中世の神学者たちに思い込ませた古代の生態学。
司祭は「キリストのペルソナにおいて」行動する。キリストは男だったから男性司祭がエウカリスティアでキリストを代表する。

ロ-マのテキスト全文

司祭が表す特質はキリストの男性性ではなく、かれの仲介者としての役割である。これは女性司祭によっても示されるはずである。
1.何故なら女性はキリストにおいて平等であるから;
2.女性もキリストのイメ-ジである;
3. 女性は既に洗礼と婚姻の奉仕者として「もう一人のキリスト」として行動している;
4. 女性はキリストの女性的な特性をよく映し出している;
5. 女性もキリストの司祭職の本質であるキリストの愛を表わすことができる.
 このことに関してトマス・アクイナスの欠陥のある神学を見よ。.
救いのシンボルとしてキリストは花婿で、教会は花嫁である。従って、司祭的奉仕職においては男がキリストを代表する。

ロ-マのテキスト全文

教会の名で司祭が行うのはそれ程大切なのではない。.

ロ-マのテキスト全文

婚姻の神秘性のイメ-ジを司祭の奉仕職に用いることは出来ない。すべてのキリスト信者が花婿と花嫁双方を象徴するので、それを典礼の中で暗示する箇所はシンボリズムが曖昧である。

さらに、エウカリスティアで司祭はキリストを代表して祭儀を執り行うが、「教会のペルソナにおいて」なのである。 .

レネ・ヴァン・アイデン著、女性の創造:位階制度の構造
ジョン・ワインガ-ズ著「男性は花婿を代表できなか」 .を見よ。

女性の平等の権利のような人権は奉仕職には適用されない。

ロ-マのテキスト全文

司祭召命を持っていると確信している女性たちは聖霊によって導かれているのでははい。教会のみが誰が司祭職に招かれているか、招かれていないかの権限を持つ。

ロ-マのテキスト全文

聖書と伝統から根拠が確かな議論がないので、誰も叙階される権利を持たないが、司祭の奉仕職から洗礼を受けた人を除外することは真の差別である。.

6. カトリック女性信者の中には司祭の奉仕職への召命を感じているという事実だけでなく、他のキリスト教会の女性を叙階している事実は教会が無視できない聖霊の明らかなしるしである。.
イダ・ラミングの
* 「同等でも違うのか」;
* マルセラ・アルトハウス-ライドの「キリストのように見えないことについて」.
を見よ。

    結論:女性叙階を禁じる有効な神学的論争はない。.

固い殻の中には一体何があるのか

聖書からの論争

伝統からの議論

神学的論争

教導職

声を挙げる義務

これは一体全体何なのか

声を挙げる義務

これは一体全体何なのか

固い殻の中には一体何があるのか

.

1 .キリストにおける一つの祭司職

2.司式する力を受けて

3.文化的偏見

4.女性は嘗て助祭であった

5.女性が叙階され得ることは教会の潜在的な伝統の中にある

6.他のキリスト教会は女性司祭を受け入れている

7.実は女性もまた司祭になるべく招かれている

何時も問われる質問を参照せよ


ジョン・ワインガーズ著『女性はなぜ司祭になれないのか』

John Wijngaards, The Ordination of Women in the Catholic Church, Darton Longman Todd, London, 2001, 204pp.

「日本語テキスト全文を見るにはここをクリック」

フェミニスト問題?

フェミニスト問題?

フェミニスト問題?

Background music?

「これは典型的にフェミニスト問題である。

女性は今日ますますうるさい要求をだしてくる!それは多分仕事場ではよいかもしれないが、教会では駄目だ!」

「生憎だが、そうではない!

これは神学的問題で、教会全体の生命と健康に影響を及ぼすのだ!

女性解放の闘いは教会内における女性の地位に注意を引くために役立ったことは事実であるが、この問題の根源は歴史の中にある。」

過去における文化的偏見のために、教会における女性の真に平等な地位は覆い隠されていた!

「あなたがた女性たちは教義を自分たちに合うように変えようとしている。

私たちは聖なる不変の伝統に忠実でありたい。

教会はただ単に「政治的に正しく」またはあるフェミニストたちを喜ばすために教義を変えることはできない!」

「それは間違っている!

教義を変える必要はない。
変えなければならないのは神学上の偏見である。

聖書と伝統の真の意味を曖昧にし、いまだに不鮮明な偏った解釈を取り除く必要がある。

何故教導職に挑戦するのか よくなされる質問 次?
文化的変化 事実 歴史 真の忠実さ 信仰のセンス
フェミニズム? 不謬? 信憑性? 従順? 陰謀?
カトリック信徒の権利とは何なのか?
質問、提案、所見など?

固い殻の中には一体何があるのか

聖書からの論争

伝統からの議論

神学的論争

教導職

声を挙げる義務

これは一体全体何なのか

声を挙げる義務

これは一体全体何なのか

固い殻の中には一体何があるのか

.

1 .キリストにおける一つの祭司職

2.司式する力を受けて

3.文化的偏見

4.女性は嘗て助祭であった

5.女性が叙階され得ることは教会の潜在的な伝統の中にある

6.他のキリスト教会は女性司祭を受け入れている

7.実は女性もまた司祭になるべく招かれている

何時も問われる質問を参照せよ


ジョン・ワインガーズ著『女性はなぜ司祭になれないのか』

John Wijngaards, The Ordination of Women in the Catholic Church, Darton Longman Todd, London, 2001, 204pp.

「日本語テキスト全文を見るにはここをクリック」

女性の召出しは男性のに比べ、神からの呼びかけではないのか

女性の召出しは男性のに比べ、神からの呼びかけではないのか

女性の召出しは男性のに比べ、神からの呼びかけではないのか

Read here who I am!

教会の中では真の召出しは神からのものであり、そのような召出しを妨害するのは罪をおかすことと信じられてきた。

如何なる召出しの根源も私たちが神によって造られたことにある。私たちのすべての潜在的可能性は神からのものであり、仕事、聖職、特別な使命などへの呼びかけは、無から私たち個人へと神が招くからである。

キリスト者としての特別な召出しはキリストの名によって洗礼を受けたことに直接由来する。そしてキリストと共に司祭、預言者、女王、王に召し出される。キリスト教の洗礼は秘蹟的司祭職への潜在的招きである。洗礼は男女共に同じである故に、双方ともに同じく秘蹟的司祭職に暗黙的、間接的に招かれているのである。

ナイ-ブな概念

奉仕の司祭職への召出しは以前には度々神秘的な単純な仕方で理解された。神がその不可思議なみ旨で志願者を文字通り選び出したと想像されたのである。

神学校の黙想会で度々次のような話を耳にした。

世界が創られる前から神は天使を呼び集め、未来の世代の人間も含めて、彼が行おうとするすべての予告を知らせた。天使たちは神に質問することが許された。

その計画を研究した天使が全能の神に言った。「私はあそこに(自分の名前を入れる)誰それを見る。彼、彼女は何の役に立つのだろうか。宇宙計画から彼女を外すことはできないのだろか。」

神は答えた。「外すことはできない。彼、彼女は私にとり大切なのだ。私は彼らに特別のユニ-クな使命を与える。私はその人を私の司祭に招くのだ。」

暗示されているものは明らかである。神は個人を慎重で、明白な決定を通して司祭職に呼ぶ。その神聖な招きを邪魔するような者は災いなるかな!

このような考えは神を人間のように小さなものにしてしまう危険がある。神のやり方は人間とは違う。神は二次的な大義を通して働く。すべての洗礼を受けた人はキリストに合体したことにより一応招かれている。神は家族、友人、先生、霊的著述家、司祭たちを通して、この曖昧な招きを「神があなたを呼んでいる」と云う直接的な招きに変える。神の呼びかけと人間的要因が絡み合って、現実になるのである。

然しながら、召出しのより公正な理解はそれがそれほど神からのものではないと云うわけではない。神は二次的な大義を通して働くことがよくあるが、司祭職に私たちを招くのは最終的には先生や友人たちではなく、なのである。

召し出された者(彼、彼女)は神に向き合うのを知っている

ヨハネ・パウロ二世が自分の召出しについて以下のように言っている。

What I heard in my heart was not a human call.

「私は度々、特に若者たちから、何故司祭になったのかと聞かれる。多分あなた方も同じことを聞きたいであろう。手短に話そう。完全に説明することは不可能である。それは私にとっても奥義だからである。神のやり方を人間がどのように説明するのだろう。でも、キリストが沢山の人々に『私に従いなさい』と言ったことを、私の生涯のある時点で私にも言われたことを確信したのだ。私が自分の心の中で聞いたことは人間の声でも、また私自身の単なる考えでもないことは明らかだった。キリストが司祭として彼に仕えるよう私を呼ばれたのだ。」

「司祭職への召出しを私がどれほど神に感謝しているか、多分あなたは分かるだろう。毎日ミサを捧げ、教会で神の民に仕える以上に大きな喜びはない。司祭として叙階された時からそれは本当のことである。教皇になってもこれは変わらない。」(1987914日、ロスアンジェルスで)

シイラ・カシディはチリに住み、ピノチェット政権下で働いたイギリス人の医者である。彼女は神が彼女をこの仕事に呼んでいると分かった時、神に対決したと書いている。

"How to convey the agony and ecstacy of being called by God?"

「五日間祈った後、サムエル記3章からの一節を読んで黙想するように言われた。主がサムエルを三回呼びかけたが、彼は寝床に戻って待つまで誰が呼んでいるのか分からなかった。主が再度呼んだ時、『主よ、お話下さい。僕は聞いております。』と答えた。私は1975年の冬の朝、チリの祈りの家の庭の枯れ葉の中に座ってサムエルの言葉を自分のものにした。声を聞いたり、幻を見たわけではないが、私は次第に神が私を呼んでいるのだと分かった。私はどんなことになろうとも、病気であろうと健康であろうと、生涯彼に従うことを求められていることを疑う余地のないほど分かったのである。」

「神に呼ばれることの苦痛と歓喜を如何に伝えることができようか。選ばれたという信じがたい事実に、ある瞬間は栄誉で畏敬の念にかられ、同時に『そんなこと、私は駄目だ。受けられない!』と叫ぶ。少し前までは特権だったものが法外に不当な要求になる。何故私が結婚も仕事も放棄しなければならないのか。何故私が? 愛する人と結婚し、子どもを作らないで? 私には一回限りの人生がある。それを無視するかのように手渡すことをあなたは求めてくるのか」

「枯れ葉に埋もれ、涙のうちに私はこれで終わったと思った。私がこの祈りの家に来ることを選び、神が語るように私が頼み、彼が答えたのだ。勿論、『私は嫌だ』と自由に言うことができた。しかし、それは明らかに故意の拒否であろう。私は熟考した。そして、否と言いたくなかった。どれほど辛いことであっても、私には謙遜に受け入れるとこしかなかった。そこで、多くの男女と同じように『フィアット(なれかし)』と言ったのである。」
Sheila CassidyAudacity to BelieveCollins, Fount Paperback, 1977, pp.122-123.

シイラ・カシディは貧困者への奉仕のためにピノチェット政権下に拷問にかけられた。

司祭職への女性の召出し

誰も自分が招かれていると確信を持って推定することができないことは明らかである。一つ一つの召出しは試されなければならない。召出しが本物であるか、本当に神からのものであるか、呼ばれていると感じる人は識別しなければならない。The person who feels called needs to discern 

然しながら、男性に関しては神に魅せられた『内的呼びかけ』の経験、内的な招きを聞くことが厳粛な考慮の根拠として常に重要な証拠として考えられている。誰もその有効性を査定することなしに『内的呼びかけ』を簡単に敢えて退けることをしない。

教会のすべての信徒に召出しを育成し、個人が受ける呼びかけを妨げることがないことを教会は重大な義務としている。第二バチカン公会議はこの指令を繰り返し求めている。The Second Vatican Council

Available as postcard! Click!

多くの善良で、能力があり、信心深く、均衡のとれたカトリックの女性が司祭職への召出しを感じているという事実は聖霊に同等に聞き、同等に開くことを要求する。たとえ、ある女性たちが自分たちが呼ばれていると間違えて信じることがあるとしても、多くの女性たちを神が招いていることを否定することはできない。神は彼女たちが司祭になることを望んでいるのである。

もし教会が男性に与えられる司祭職への召出しを無視したり、軽視したりしないのなら、何故同じ女性への召出しを軽蔑することが許されるのだろうか。

John Wijngaards

Overview Signs of a Vocation A woman’s journey Steps to take Answering critics Writing your story
Six options for Catholic women who feel called to the priesthood?

固い殻の中には一体何があるのか

聖書からの論争

伝統からの議論

神学的論争

教導職

声を挙げる義務

これは一体全体何なのか

声を挙げる義務

これは一体全体何なのか

固い殻の中には一体何があるのか

.

1 .キリストにおける一つの祭司職

2.司式する力を受けて

3.文化的偏見

4.女性は嘗て助祭であった

5.女性が叙階され得ることは教会の潜在的な伝統の中にある

6.他のキリスト教会は女性司祭を受け入れている

7.実は女性もまた司祭になるべく招かれている

何時も問われる質問を参照せよ


ジョン・ワインガーズ著『女性はなぜ司祭になれないのか』

John Wijngaards, The Ordination of Women in the Catholic Church, Darton Longman Todd, London, 2001, 204pp.

「日本語テキスト全文を見るにはここをクリック」

The Magisterium

The Magisterium

教導職

Rome教導職に関しての

以下『ロ‐マ』という語を教理省と教皇を意味するものとして用いる。

Freedom of Inquiry教導職についての反対の立場

Background music?

    平坦な言葉で「普遍的教導職」とは何なのか
女性を司祭に叙階できないということが普遍的教導職により不可謬的に述べられた。.

ロ-マのテキスト前文

ロ-マは不可謬性のための五つの条件が充たされていないので. 、女性司祭に関して普遍的教導職の不可謬の教えを確立していない。

全世界の主な神学者たちはこのことに関する「不可謬性」についてのロ-マの宣言を拒否した。 .

第二バチカン公会議が要求しているように教皇が一般的に信徒や特に神学者たちに充分に相談しなかったことはロ-マが誤った判断をした主な理由である。
このことに関して責任ある者は皆 公けに声を挙げることが義務なのである。.

教会は女性の司祭叙階を許すいかなる権威も持っていないし、すべての信者がこの判断を支持すべきである。
ロ-マのテキスト前文

この問題に関するロ-マの教えの明確性はまだ解決されていない。

教皇を含むロ-マ当局は同種の深刻な誤りを過去において も犯した。.
現在のロ-マは現代の 貴重な新しい価値
教会を統治するより民主的な方法の必要性も理解していない。.

    ロ-マに反対する議論の要約:
* 「イエスはヨハネパウロ二世に応える」
*「ペテロがヨハネパウロ二世に言うであろうこと」」
by Dr. Aaron Milavec
    結論:教会は女性を叙階する権限をイエス・キリストから受けている。
よくある質問参照  

カトリック教会の教導権について

固い殻の中には一体何があるのか

聖書からの論争

伝統からの議論

神学的論争

教導職

声を挙げる義務

これは一体全体何なのか

声を挙げる義務

これは一体全体何なのか

固い殻の中には一体何があるのか

.

1 .キリストにおける一つの祭司職

2.司式する力を受けて

3.文化的偏見

4.女性は嘗て助祭であった

5.女性が叙階され得ることは教会の潜在的な伝統の中にある

6.他のキリスト教会は女性司祭を受け入れている

7.実は女性もまた司祭になるべく招かれている

何時も問われる質問を参照せよ


ジョン・ワインガーズ著『女性はなぜ司祭になれないのか』

John Wijngaards, The Ordination of Women in the Catholic Church, Darton Longman Todd, London, 2001, 204pp.

「日本語テキスト全文を見るにはここをクリック」

聖職からの女性排除についての神学的理由は聖書、 伝統、神学に矛盾する。

聖職からの女性排除についての神学的理由は聖書、 伝統、神学に矛盾する。

聖職からの女性排除についての神学的理由は
聖書、 伝統、神学に矛盾する。

   女性司祭の禁止の論拠は綿密な調査に立ち打ちできない。ロマ-の教理省は愚かにも間違いをおかしている。

彼らの主張とそれに対する反駁の詳細な議論はここに活発な論争を見ることができる。

以下幾つかの明白な事実を指摘しよう。

1.イエスの共同体の中で彼は女性に男性と同等の地位を与え、男性と同じように自分のエウカリスティアを司式するようにエンパワ-した。クリック  
 

2. 少なくとも9世紀まで教会は何千人もの女性たちを秘蹟によって助祭に叙階していた。

クリック

3. 洗礼によって女は男と同じく神の養子となる。

これは叙階を含むすべての秘蹟を男に劣らず女も受けることができることを意味する。

クリック

“しかし、ロ-マは聖職からの女性排除を不可謬な教えとして宣言した?!”

何故教導職に挑戦するのか よくなされる質問 次?
文化的変化 事実 歴史 真の忠実さ 信仰のセンス
フェミニズム? 不謬? 信憑性? 従順? 陰謀?
カトリック信徒の権利とは何なのか?
質問、提案、所見など?

固い殻の中には一体何があるのか

聖書からの論争

伝統からの議論

神学的論争

教導職

声を挙げる義務

これは一体全体何なのか

声を挙げる義務

これは一体全体何なのか

固い殻の中には一体何があるのか

.

1 .キリストにおける一つの祭司職

2.司式する力を受けて

3.文化的偏見

4.女性は嘗て助祭であった

5.女性が叙階され得ることは教会の潜在的な伝統の中にある

6.他のキリスト教会は女性司祭を受け入れている

7.実は女性もまた司祭になるべく招かれている

何時も問われる質問を参照せよ


ジョン・ワインガーズ著『女性はなぜ司祭になれないのか』

John Wijngaards, The Ordination of Women in the Catholic Church, Darton Longman Todd, London, 2001, 204pp.

「日本語テキスト全文を見るにはここをクリック」

The ordination of women in the Roman Catholic Church

ロ-マカトリック教会における女性の叙階

女性と聖職に関する最大の国際ウェッブサイトにようこそ!

私たちは女性司祭についての議論が行われるべきだと硬く信じているロマカトリック教会の神学者たちである。私たちは教会が内から変革されるべきだと信じて、女性の非合法な叙階を推進するものではない。

私たちは自分の家族であるカトリック教会を愛している。私たちは教皇の権威を全面的に受け止める。また、優れた霊的指導者としての彼の個人的な誠実さを尊敬している。しかし、教皇とその側近者たちは女性の司祭職を認めないことで大きな誤りを犯していると確信するものである。現教皇が繰り返し言われた声を挙げる義務を果たし、私たちが注意深く考慮したその理由を明らかにすることが良心的に自分たちの義務だと感じている。

すべての信者、教役者にも信徒にも、研究と思想の正当な自由、自説を発表する正当な自由を認めなければならない。」
現代世界憲章no 62; 教会法no 212§3.

John Wijngaards についての情報はここをクリックする。

私たちは非合法の叙階を推進するものではない。

私たちの目的は教会が男性と女性がすべての叙階の聖職に付けるようにその考え方と実践を内から変革できるようにすることである。

カトリックの学者の10人のうち8人は女性叙階に賛成である。

女性司祭を支持する理由を述べている現代のカトリック神学者の全テキストをこのサイトで見ることができる。

このサイトは女性の叙階を禁じるロ-マの文書を提供する。

ロ-マ教理省の議論を自分で判断して欲しい。

女性叙階関係の多くの記録文書を提供する。公会議の宣言、教父や中世の神学者たちの声明、歴史的記録、同時代の記述、古典的出版物、聖書に関する議論、伝統、教導職、絵画展示など。

Jackie Clackson - Trustee


目次の閲覧


二つの方式でこのウェッブサイトへの紹介を見る

   

速く通覧を望むならキ-ポイント提示モ-ドを選ぶ

Enter ‘key point presentation’!

 

より精密で詳しい通覧希望の場合はアカデミックなモ-ドを選ぶ

Enter the academic mode!

* 七つの理由-女性の司祭的聖職に賛成の七つの明白な議論

* 教導職 -何故これに関して敢えて挑戦しなければならないか。

.

  * ロ-マとの討議教皇と教理省は何故女性司祭を拒むのか

Links 女性助祭の叙階 Sister Churches 声を挙げる義務 Body, Sex and Gender

固い殻の中には一体何があるのか

聖書からの論争

伝統からの議論

神学的論争

教導職

声を挙げる義務

これは一体全体何なのか

声を挙げる義務

これは一体全体何なのか

固い殻の中には一体何があるのか

.

1 .キリストにおける一つの祭司職

2.司式する力を受けて

3.文化的偏見

4.女性は嘗て助祭であった

5.女性が叙階され得ることは教会の潜在的な伝統の中にある

6.他のキリスト教会は女性司祭を受け入れている

7.実は女性もまた司祭になるべく招かれている

何時も問われる質問を参照せよ


ジョン・ワインガーズ著『女性はなぜ司祭になれないのか』

John Wijngaards, The Ordination of Women in the Catholic Church, Darton Longman Todd, London, 2001, 204pp.

「日本語テキスト全文を見るにはここをクリック」

One priesthood in Christ

One priesthood in Christ

キリストにおける一つの司祭職

女性もまた司祭として奉仕すべき七つの理由の先ず第一点

旧約時代には宗教において女性は明らかに二流だった。女性は割礼を受けていなかったので、契約のメンバ-にはなれなかった。自分たちの生け贄を捧げることはできなかった。彼女たちは常に男に従属していて、宗教上のことでもそうだった。

The mystery of baptism イエス・キリストはそのすべてを変えられた。
洗礼を受けたすべての女性は男性と同じくもう一人のキリストになる。「洗礼を受けてキリストに結ばれたあなたがたはもはや、ユダヤ人もギリシャ人もなく、奴隷も自由な身分の者もなく、男も女もありません」(ガラテヤ3:28) 
すべての洗礼を受けた女性はキリストの祭司職、王職、予言職の使命に完全に参加する。

洗礼は司祭職を含むすべての秘跡に基本的に繋がっていることを含蓄的に意味する。
Go to the next step?
1 2 3 4 5 6 7
baptised empowered liberated ordained affirmed supported called

固い殻の中には一体何があるのか

聖書からの論争

伝統からの議論

神学的論争

教導職

声を挙げる義務

これは一体全体何なのか

声を挙げる義務

これは一体全体何なのか

固い殻の中には一体何があるのか

.

1 .キリストにおける一つの祭司職

2.司式する力を受けて

3.文化的偏見

4.女性は嘗て助祭であった

5.女性が叙階され得ることは教会の潜在的な伝統の中にある

6.他のキリスト教会は女性司祭を受け入れている

7.実は女性もまた司祭になるべく招かれている

何時も問われる質問を参照せよ


ジョン・ワインガーズ著『女性はなぜ司祭になれないのか』

John Wijngaards, The Ordination of Women in the Catholic Church, Darton Longman Todd, London, 2001, 204pp.

「日本語テキスト全文を見るにはここをクリック」

不可謬な教え?

不可謬な教え?

不可謬な教え?

「然り

教理省はこれを不可謬の教義だと宣言したのだ。

教理省長官のラツィンガ-枢機卿は『この教えは教導職が誤ることが出来ないものとして定めたのだ』と言った。」19951028日、疑問への回答

「本当に彼は不可謬にしたのか?

『教導職』は世界中のすべてのカトリック司教たちによる協同の教えを指す。

しかし司教団はこれを教義と教えたことはない。」

「一寸待って。

世界中の大多数の司教たちが女性たちは叙階され得ないと信じている。

彼らはこのことに関して教皇に追従しているが故に司教に選ばれたのだから当然であろう。」

「もう一度見て!

世界中の司教たちがこれを自分たちの信仰上の意見としているのかも知れない。これは共同見解として知られている。

共同見解とは教会の教えの見地から何の意味もない。

百年前には殆どの司教たちはまだ進化を受け入れなかった。当時世界は6日間で創造されたと固く信じていたのである!これが彼らの共同見解だったということではない。

「それでは何が共同見解となるのだろうか?

第二バチカン公会議は『司教は神によるカトリックの真理の証人として、すべての人から尊敬されるべきである』と言明しているのではないか?(教会憲章no25b

「テキスト前文を照合しよう!

第二バチカン公会議は述べている。『司教たちは全世界に散在している時であっても、相互の間とペトロの後継者との交わりのつながりを保持しつつ、信仰と道徳に関することがらを真正の権威を用いて教え、一定の教説を決定的なものとして認めるべきであると一致して述べるときには、彼らはキリストの教えを不謬に宣言するのである。』(教会憲章no25b

そのためには五つの条件が要求される:

  1.  司教団としての行動.
     司教たちは一つの団体として教導権を行使しなければならないのは明白である。
  2. 『判事』として
      司教たちは自分自身の熟慮した意見を述べるのに自由であるべきである。
  3.  全教会の信仰の奉仕のために
    司教たちは神のみことばと『信徒のセンス』に耳を傾けねばならない。
  4. 信仰と道徳に関して
     教えは信仰の対象に関した事柄でなければならない。
  5. 『決定的』なものとして意識的に決めた教えの中で
    司教たちは教説を決定的なものとして課すことを望まなければならない。     

これら五つの条件のどれも満たされていない!

「あなたはラツィンガ-枢機卿の意見に対して自分の意見を披瀝する?!

あなたは何を拠りどころにして自分の所見をのべるのだろうか?!」

世界中の第一人者の神学者たちがラツィンガ-枢機卿の不可謬性の主張を拒絶した。
.

  1. The Catholic Theological Society of America
  2. Nicholas Lash, professor of divinity, Cambridge University, UK
  3. Francis A. Sullivan SJ, emeritus professor Gregorian University Rome
  4. Elizabeth A. Johnson, C.S.J., professor of theology at Fordham University, New York
  5. Gisbert Greshake, professor of theology at the University of Freiburg, Germany
  6. Ann O’Hara Graff, professor of theology at Seattle University, Washington
  7. Peter Hünermann, professor of theology at Tübingen University, Germany
  8. Sidney Cornelia Callahan, pastoral theologian, USA
  9. David Knight, pastoral theologian, Memphis, USA
  10. Richard Gaillardetz, associate professor, University of St. Thomas, Houseton, USA
  11. Klaus Nientiedt, ‘How Binding? “Ordinatio sacerdotalis” unleashes debate on the Magisterium’, Herder Korrespondenz 9 (1996) pp. 461-466.
  12. John H. Wright, ‘That all doubt may be removed’, America 171 (July 30-Aug. 6, 1994) pp. 16-19.
  13. Fr. Joseph Moingt SJ, editor of Recherches de Science Religieuse.
  14. Hugh O’Regan, editor of the on-line magazine, San Fransico Bay Catholic.
  15. The commission on “Woman and the Church” of the Belgian Bishops’ Conference

何故教導職に挑戦するのか よくなされる質問 次?
文化的変化 事実 歴史 真の忠実さ 信仰のセンス
フェミニズム? 不謬? 信憑性? 従順? 陰謀?
カトリック信徒の権利とは何なのか?
質問、提案、所見など?

固い殻の中には一体何があるのか

聖書からの論争

伝統からの議論

神学的論争

教導職

声を挙げる義務

これは一体全体何なのか

声を挙げる義務

これは一体全体何なのか

固い殻の中には一体何があるのか

.

1 .キリストにおける一つの祭司職

2.司式する力を受けて

3.文化的偏見

4.女性は嘗て助祭であった

5.女性が叙階され得ることは教会の潜在的な伝統の中にある

6.他のキリスト教会は女性司祭を受け入れている

7.実は女性もまた司祭になるべく招かれている

何時も問われる質問を参照せよ


ジョン・ワインガーズ著『女性はなぜ司祭になれないのか』

John Wijngaards, The Ordination of Women in the Catholic Church, Darton Longman Todd, London, 2001, 204pp.

「日本語テキスト全文を見るにはここをクリック」