Japanese WOMEN CAN BE PRIESTSheader

Responsive image

Nederlands/Vlaams Deutsch Francais English language Spanish language Portuguese language Catalan Chinese Czech Malayalam Finnish Igbo
Japanese Korean Romanian Malay language Norwegian Swedish Polish Swahili Chichewa Tagalog Urdu
------------------------------------------------------------------------------------
女性の召出しは男性のに比べ、神からの呼びかけではないのか

女性の召出しは男性のに比べ、神からの呼びかけではないのか

Read here who I am!

教会の中では真の召出しは神からのものであり、そのような召出しを妨害するのは罪をおかすことと信じられてきた。

如何なる召出しの根源も私たちが神によって造られたことにある。私たちのすべての潜在的可能性は神からのものであり、仕事、聖職、特別な使命などへの呼びかけは、無から私たち個人へと神が招くからである。

キリスト者としての特別な召出しはキリストの名によって洗礼を受けたことに直接由来する。そしてキリストと共に司祭、預言者、女王、王に召し出される。キリスト教の洗礼は秘蹟的司祭職への潜在的招きである。洗礼は男女共に同じである故に、双方ともに同じく秘蹟的司祭職に暗黙的、間接的に招かれているのである。

ナイ-ブな概念

奉仕の司祭職への召出しは以前には度々神秘的な単純な仕方で理解された。神がその不可思議なみ旨で志願者を文字通り選び出したと想像されたのである。

神学校の黙想会で度々次のような話を耳にした。

世界が創られる前から神は天使を呼び集め、未来の世代の人間も含めて、彼が行おうとするすべての予告を知らせた。天使たちは神に質問することが許された。

その計画を研究した天使が全能の神に言った。「私はあそこに(自分の名前を入れる)誰それを見る。彼、彼女は何の役に立つのだろうか。宇宙計画から彼女を外すことはできないのだろか。」

神は答えた。「外すことはできない。彼、彼女は私にとり大切なのだ。私は彼らに特別のユニ-クな使命を与える。私はその人を私の司祭に招くのだ。」

暗示されているものは明らかである。神は個人を慎重で、明白な決定を通して司祭職に呼ぶ。その神聖な招きを邪魔するような者は災いなるかな!

このような考えは神を人間のように小さなものにしてしまう危険がある。神のやり方は人間とは違う。神は二次的な大義を通して働く。すべての洗礼を受けた人はキリストに合体したことにより一応招かれている。神は家族、友人、先生、霊的著述家、司祭たちを通して、この曖昧な招きを「神があなたを呼んでいる」と云う直接的な招きに変える。神の呼びかけと人間的要因が絡み合って、現実になるのである。

然しながら、召出しのより公正な理解はそれがそれほど神からのものではないと云うわけではない。神は二次的な大義を通して働くことがよくあるが、司祭職に私たちを招くのは最終的には先生や友人たちではなく、なのである。

召し出された者(彼、彼女)は神に向き合うのを知っている

ヨハネ・パウロ二世が自分の召出しについて以下のように言っている。

What I heard in my heart was not a human call.

「私は度々、特に若者たちから、何故司祭になったのかと聞かれる。多分あなた方も同じことを聞きたいであろう。手短に話そう。完全に説明することは不可能である。それは私にとっても奥義だからである。神のやり方を人間がどのように説明するのだろう。でも、キリストが沢山の人々に『私に従いなさい』と言ったことを、私の生涯のある時点で私にも言われたことを確信したのだ。私が自分の心の中で聞いたことは人間の声でも、また私自身の単なる考えでもないことは明らかだった。キリストが司祭として彼に仕えるよう私を呼ばれたのだ。」

「司祭職への召出しを私がどれほど神に感謝しているか、多分あなたは分かるだろう。毎日ミサを捧げ、教会で神の民に仕える以上に大きな喜びはない。司祭として叙階された時からそれは本当のことである。教皇になってもこれは変わらない。」(1987914日、ロスアンジェルスで)

シイラ・カシディはチリに住み、ピノチェット政権下で働いたイギリス人の医者である。彼女は神が彼女をこの仕事に呼んでいると分かった時、神に対決したと書いている。

"How to convey the agony and ecstacy of being called by God?"

「五日間祈った後、サムエル記3章からの一節を読んで黙想するように言われた。主がサムエルを三回呼びかけたが、彼は寝床に戻って待つまで誰が呼んでいるのか分からなかった。主が再度呼んだ時、『主よ、お話下さい。僕は聞いております。』と答えた。私は1975年の冬の朝、チリの祈りの家の庭の枯れ葉の中に座ってサムエルの言葉を自分のものにした。声を聞いたり、幻を見たわけではないが、私は次第に神が私を呼んでいるのだと分かった。私はどんなことになろうとも、病気であろうと健康であろうと、生涯彼に従うことを求められていることを疑う余地のないほど分かったのである。」

「神に呼ばれることの苦痛と歓喜を如何に伝えることができようか。選ばれたという信じがたい事実に、ある瞬間は栄誉で畏敬の念にかられ、同時に『そんなこと、私は駄目だ。受けられない!』と叫ぶ。少し前までは特権だったものが法外に不当な要求になる。何故私が結婚も仕事も放棄しなければならないのか。何故私が? 愛する人と結婚し、子どもを作らないで? 私には一回限りの人生がある。それを無視するかのように手渡すことをあなたは求めてくるのか」

「枯れ葉に埋もれ、涙のうちに私はこれで終わったと思った。私がこの祈りの家に来ることを選び、神が語るように私が頼み、彼が答えたのだ。勿論、『私は嫌だ』と自由に言うことができた。しかし、それは明らかに故意の拒否であろう。私は熟考した。そして、否と言いたくなかった。どれほど辛いことであっても、私には謙遜に受け入れるとこしかなかった。そこで、多くの男女と同じように『フィアット(なれかし)』と言ったのである。」
Sheila CassidyAudacity to BelieveCollins, Fount Paperback, 1977, pp.122-123.

シイラ・カシディは貧困者への奉仕のためにピノチェット政権下に拷問にかけられた。

司祭職への女性の召出し

誰も自分が招かれていると確信を持って推定することができないことは明らかである。一つ一つの召出しは試されなければならない。召出しが本物であるか、本当に神からのものであるか、呼ばれていると感じる人は識別しなければならない。The person who feels called needs to discern 

然しながら、男性に関しては神に魅せられた『内的呼びかけ』の経験、内的な招きを聞くことが厳粛な考慮の根拠として常に重要な証拠として考えられている。誰もその有効性を査定することなしに『内的呼びかけ』を簡単に敢えて退けることをしない。

教会のすべての信徒に召出しを育成し、個人が受ける呼びかけを妨げることがないことを教会は重大な義務としている。第二バチカン公会議はこの指令を繰り返し求めている。The Second Vatican Council

Available as postcard! Click!

多くの善良で、能力があり、信心深く、均衡のとれたカトリックの女性が司祭職への召出しを感じているという事実は聖霊に同等に聞き、同等に開くことを要求する。たとえ、ある女性たちが自分たちが呼ばれていると間違えて信じることがあるとしても、多くの女性たちを神が招いていることを否定することはできない。神は彼女たちが司祭になることを望んでいるのである。

もし教会が男性に与えられる司祭職への召出しを無視したり、軽視したりしないのなら、何故同じ女性への召出しを軽蔑することが許されるのだろうか。

John Wijngaards

Overview Signs of a Vocation A woman's journey Steps to take Answering critics Writing your story
Six options for Catholic women who feel called to the priesthood?

固い殻の中には一体何があるのか

聖書からの論争

伝統からの議論

神学的論争

教導職

声を挙げる義務

これは一体全体何なのか

声を挙げる義務

これは一体全体何なのか

固い殻の中には一体何があるのか

.

1 .キリストにおける一つの祭司職

2.司式する力を受けて

3.文化的偏見

4.女性は嘗て助祭であった

5.女性が叙階され得ることは教会の潜在的な伝統の中にある

6.他のキリスト教会は女性司祭を受け入れている

7.実は女性もまた司祭になるべく招かれている

何時も問われる質問を参照せよ


ジョン・ワインガーズ著『女性はなぜ司祭になれないのか』

John Wijngaards, The Ordination of Women in the Catholic Church, Darton Longman Todd, London, 2001, 204pp.

「日本語テキスト全文を見るにはここをクリック」