Japanese WOMEN CAN BE PRIESTSheader

Responsive image

Nederlands/Vlaams Deutsch Francais English language Spanish language Portuguese language Catalan Chinese Czech Malayalam Finnish Igbo
Japanese Korean Romanian Malay language Norwegian Swedish Polish Swahili Chichewa Tagalog Urdu
------------------------------------------------------------------------------------

ロ-マカトリック教会における女性の叙階

女性と聖職に関する最大の国際ウェッブサイトにようこそ!


私たちは女性司祭についての議論が行われるべきだと硬く信じているロ-マカトリック教会の神学者たちである。私たちは教会が内から変革されるべきだと信じて、女性の非合法な叙階を推進するものではない。

私たちは自分の家族であるカトリック教会を愛している。私たちは教皇の権威を全面的に受け止める。また、優れた霊的指導者としての彼の個人的な誠実さを尊敬している。しかし、教皇とその側近者たちは女性の司祭職を認めないことで大きな誤りを犯していると確信するものである。現教皇が繰り返し言われた声を挙げる義務を果たし、私たちが注意深く考慮したその理由を明らかにすることが良心的に自分たちの義務だと感じている。
すべての信者、教役者にも信徒にも、研究と思想の正当な自由、自説を発表する正当な自由を認めなければならない。」
現代世界憲章no 62; 教会法no 212§3.

John Wijngaards についての情報はここをクリックする。

私たちは非合法の叙階を推進するものではない。

私たちの目的は教会が男性と女性がすべての叙階の聖職に付けるようにその考え方と実践を内から変革できるようにすることである。



カトリックの学者の10人のうち8人は女性叙階に賛成である。

女性司祭を支持する理由を述べている現代のカトリック神学者の全テキストをこのサイトで見ることができる。
このサイトは女性の叙階を禁じるロ-マの文書を提供する。

ロ-マ教理省の議論を自分で判断して欲しい。

女性叙階関係の多くの記録文書を提供する。公会議の宣言、教父や中世の神学者たちの声明、歴史的記録、同時代の記述、古典的出版物、聖書に関する議論、伝統、教導職、絵画展示など。
Jackie Clackson - Trustee


目次の閲覧


二つの方式でこのウェッブサイトへの紹介を見る

   

速く通覧を望むならキ-ポイント提示モ-ドを選ぶ

Enter ‘key point presentation’!
 

より精密で詳しい通覧希望の場合はアカデミックなモ-ドを選ぶ

Enter the academic mode!
* 七つの理由-女性の司祭的聖職に賛成の七つの明白な議論

* 教導職 -何故これに関して敢えて挑戦しなければならないか。

.
  * ロ-マとの討議教皇と教理省は何故女性司祭を拒むのか



Links 女性助祭の叙階 Sister Churches 声を挙げる義務 Body, Sex and Gender

固い殻の中には一体何があるのか

聖書からの論争

伝統からの議論

神学的論争

教導職

声を挙げる義務

これは一体全体何なのか

声を挙げる義務

これは一体全体何なのか

固い殻の中には一体何があるのか

.

1 .キリストにおける一つの祭司職

2.司式する力を受けて

3.文化的偏見

4.女性は嘗て助祭であった

5.女性が叙階され得ることは教会の潜在的な伝統の中にある

6.他のキリスト教会は女性司祭を受け入れている

7.実は女性もまた司祭になるべく招かれている

何時も問われる質問を参照せよ


ジョン・ワインガーズ著『女性はなぜ司祭になれないのか』

John Wijngaards, The Ordination of Women in the Catholic Church, Darton Longman Todd, London, 2001, 204pp.

「日本語テキスト全文を見るにはここをクリック」