Japanese WOMEN CAN BE PRIESTSheader

Responsive image

Nederlands/Vlaams Deutsch Francais English language Spanish language Portuguese language Catalan Chinese Czech Malayalam Finnish Igbo
Japanese Korean Romanian Malay language Norwegian Swedish Polish Swahili Chichewa Tagalog Urdu
------------------------------------------------------------------------------------
Affirmed in latent tradition

潜在的伝統の中で確証される

啓示された教義の宝はすべての信者たちの信仰の中に伝えられている。それは信仰のセンス又は信仰者のセンスとして知られている。

教会は「聖なるかたから塗油を受けて信者の総体は信仰において誤ることできない」(教会憲章12)。

教会の真の伝統は時折公に表わされないで、信じる者の心の奥深くにある潜在的伝統の中に隠されている。

Mary was venerated as priest! 潜在的伝統の一例は司祭としてのマリアへの古い伝統である。

人々は四つの理由でマリアが本当に司祭であったと信じた。即ち、マリアは祭司の家族に属していた。マリアは司祭的役割を果たした。マリアは私たちに聖体を与え、罪の赦しを獲得した。

司祭マリアへの信心は教会の歴史を通して見出すことができる。.

伝統は神殿での奉献、またカルヴァリオでの十字架上での犠牲を捧げた司祭としてのマリアの役割を強調した。

信心は聖座によって突然禁止された1927年まで続いた。おそらく女性の叙階に含蓄的に関係するからであろう。


  いかに特権があってもイエスの母は女であった。もしマリアが司祭になることが可能であったなら、洗礼を受けたすべての女性にも可能な筈である。

これが潜在的伝統の真のケ-スである。信者たちは彼らの心の奥底で女性も司祭になれることを常に承知してきた。

 
    Go to the next step?
1 2 3 4 5 6 7
baptised empowered liberated ordained affirmed supported called

固い殻の中には一体何があるのか

聖書からの論争

伝統からの議論

神学的論争

教導職

声を挙げる義務

これは一体全体何なのか

声を挙げる義務

これは一体全体何なのか

固い殻の中には一体何があるのか

.

1 .キリストにおける一つの祭司職

2.司式する力を受けて

3.文化的偏見

4.女性は嘗て助祭であった

5.女性が叙階され得ることは教会の潜在的な伝統の中にある

6.他のキリスト教会は女性司祭を受け入れている

7.実は女性もまた司祭になるべく招かれている

何時も問われる質問を参照せよ


ジョン・ワインガーズ著『女性はなぜ司祭になれないのか』

John Wijngaards, The Ordination of Women in the Catholic Church, Darton Longman Todd, London, 2001, 204pp.

「日本語テキスト全文を見るにはここをクリック」