Japanese WOMEN CAN BE PRIESTSheader

Responsive image

Nederlands/Vlaams Deutsch Francais English language Spanish language Portuguese language Catalan Chinese Czech Malayalam Finnish Igbo
Japanese Korean Romanian Malay language Norwegian Swedish Polish Swahili Chichewa Tagalog Urdu
------------------------------------------------------------------------------------
One priesthood in Christ

キリストにおける一つの司祭職

女性もまた司祭として奉仕すべき七つの理由の先ず第一点

旧約時代には宗教において女性は明らかに二流だった。女性は割礼を受けていなかったので、契約のメンバ-にはなれなかった。自分たちの生け贄を捧げることはできなかった。彼女たちは常に男に従属していて、宗教上のことでもそうだった。

The mystery of baptism イエス・キリストはそのすべてを変えられた。
洗礼を受けたすべての女性は男性と同じくもう一人のキリストになる。「洗礼を受けてキリストに結ばれたあなたがたはもはや、ユダヤ人もギリシャ人もなく、奴隷も自由な身分の者もなく、男も女もありません」(ガラテヤ3:28) 
すべての洗礼を受けた女性はキリストの祭司職、王職、予言職の使命に完全に参加する。

洗礼は司祭職を含むすべての秘跡に基本的に繋がっていることを含蓄的に意味する。
Go to the next step?
1 2 3 4 5 6 7
baptised empowered liberated ordained affirmed supported called

固い殻の中には一体何があるのか

聖書からの論争

伝統からの議論

神学的論争

教導職

声を挙げる義務

これは一体全体何なのか

声を挙げる義務

これは一体全体何なのか

固い殻の中には一体何があるのか

.

1 .キリストにおける一つの祭司職

2.司式する力を受けて

3.文化的偏見

4.女性は嘗て助祭であった

5.女性が叙階され得ることは教会の潜在的な伝統の中にある

6.他のキリスト教会は女性司祭を受け入れている

7.実は女性もまた司祭になるべく招かれている

何時も問われる質問を参照せよ


ジョン・ワインガーズ著『女性はなぜ司祭になれないのか』

John Wijngaards, The Ordination of Women in the Catholic Church, Darton Longman Todd, London, 2001, 204pp.

「日本語テキスト全文を見るにはここをクリック」