Japanese WOMEN CAN BE PRIESTSheader

Responsive image

Nederlands/Vlaams Deutsch Francais English language Spanish language Portuguese language Catalan Chinese Czech Malayalam Finnish Igbo
Japanese Korean Romanian Malay language Norwegian Swedish Polish Swahili Chichewa Tagalog Urdu
------------------------------------------------------------------------------------
Liberated from Prejudice

偏見から解放されて

過去に教会は女性を司祭に叙階することを拒否した。
なぜなのか。
教会の過去の慣習を考える時、何故物事がそのように行われていたかその理由を調べなければならない。
女性に関して私たちが発見することは非常に気になることである。
女性は全く無効な理由によって司祭叙階から排除された。

The evil of prejudice 三重の偏見が女性を司祭的奉仕職に就くことから阻んだ。

1.女性は肉体的、知的、情緒的、すべての面で男性より劣ると考えられた。
男性の精液のみが未来の子どもを「含有」していると信じられていたので、女性は不完全な人間として見下されていた。
要するに、女性は劣等だと考えられていた。 .

2. エバが人類の恩恵からの堕落の原因だったので、すべての女性は彼女の罪の呪いを受け継ぐと考えられた。
女性は罪深い被創造物とされた。

3.人々はメンスが穢れのもとだと思った。
穢れた被創造物として女性は祭壇及び聖なる奉仕から遠ざけられた。


  教会は常に教義と慣習を汚す社会的文化的偏見から自らを解放する必要がある。

現在では教会が完全に禁じている奴隷制を1854年まで歴代教皇は神が奴隷制を許したと教えた。

教会は沢山の同じような間違えを歴史を通じて行ってきた。

今日の女性は神が真に望まれる奉仕職への参加を未だに禁ずる教義上の偏見から当然解放される筈である。
 
    Go to the next step?
1 2 3 4 5 6 7
baptised empowered liberated ordained affirmed supported called

固い殻の中には一体何があるのか

聖書からの論争

伝統からの議論

神学的論争

教導職

声を挙げる義務

これは一体全体何なのか

声を挙げる義務

これは一体全体何なのか

固い殻の中には一体何があるのか

.

1 .キリストにおける一つの祭司職

2.司式する力を受けて

3.文化的偏見

4.女性は嘗て助祭であった

5.女性が叙階され得ることは教会の潜在的な伝統の中にある

6.他のキリスト教会は女性司祭を受け入れている

7.実は女性もまた司祭になるべく招かれている

何時も問われる質問を参照せよ


ジョン・ワインガーズ著『女性はなぜ司祭になれないのか』

John Wijngaards, The Ordination of Women in the Catholic Church, Darton Longman Todd, London, 2001, 204pp.

「日本語テキスト全文を見るにはここをクリック」