Japanese WOMEN CAN BE PRIESTSheader

Responsive image

Nederlands/Vlaams Deutsch Francais English language Spanish language Portuguese language Catalan Chinese Czech Malayalam Finnish Igbo
Japanese Korean Romanian Malay language Norwegian Swedish Polish Swahili Chichewa Tagalog Urdu
------------------------------------------------------------------------------------
信徒は間違いの担い手として聖職からの女性の排除を拒む

信徒は間違いの担い手として聖職からの女性の排除を拒む

   教皇と司教団はその教導権によって信仰と道徳の問題を明確にする大切な役割を担う。

教導職の不可謬性を神の民の不可謬性の根拠にしようとした第二バチカン公会議で提案された改正は伝統に反するとして公会議によって拒否された。 第二バチカン公会議、シノドス議事録Ⅲ/p.198199R.R.GaillardetzTeaching with Authority, A Theology of the Magisterium in the Church, Liturgical Press 1997, p 154

「あなた方は聖なる方から油を注がれてるので(Iヨハネ220.27)信仰について誤ることができない。」

第二バチカン公会議、教会憲章、12

クリック

「神の民は聖徒たちに伝えられた信仰をそこなうことなく堅く守り、正しい判断をもってその信仰をいっそう深く掘りさげ、それを生活のうちにより完全に具体化してゆくのである。」

第二バチカン公会議、教会憲章、12

「『司教をはじめとしてすべての信徒は』信者の総体が信仰と道徳のことがらについて全面的に賛同するとき、神の民全体の超自然的な信仰の感覚を通して現れる。」

第二バチカン公会議、教会憲章12



多くの国々で行われたカトリック信徒たちの投票結果はカトリック信仰を生きている大多数の人々が女性を叙階するべきだと信じている。

以下に代表的な統計を掲げる。パ-セントは女性の叙階を支持するカトリック信徒の比率を示している。

Great Britain Canada Spain Portugal Netherlands Germany Italy Australia Ireland USA
65% 66% 74% 71% 86% 71% 58% 62% 67% 68%

 ワインガ-ズ著「女性はなぜ司祭になれないのか - カトリック教会における女性の人権」明石書店、2005年、74頁‐75頁参照

カトリック教義の内容は多数決で決定されてはならない。

 上記の数値は道理の分かる、熱心なカトリック信者が女性を叙階することに反対する妥当な理由が無いと堅く確信していることを表している。

クリック

「私たちは位階制度の権威を貶めているのだろうか?」



何故教導職に挑戦するのか よくなされる質問 次?
文化的変化 事実 歴史 真の忠実さ 信仰のセンス
フェミニズム? 不謬? 信憑性? 従順? 陰謀?
カトリック信徒の権利とは何なのか?
質問、提案、所見など?

固い殻の中には一体何があるのか

聖書からの論争

伝統からの議論

神学的論争

教導職

声を挙げる義務

これは一体全体何なのか

声を挙げる義務

これは一体全体何なのか

固い殻の中には一体何があるのか

.

1 .キリストにおける一つの祭司職

2.司式する力を受けて

3.文化的偏見

4.女性は嘗て助祭であった

5.女性が叙階され得ることは教会の潜在的な伝統の中にある

6.他のキリスト教会は女性司祭を受け入れている

7.実は女性もまた司祭になるべく招かれている

何時も問われる質問を参照せよ


ジョン・ワインガーズ著『女性はなぜ司祭になれないのか』

John Wijngaards, The Ordination of Women in the Catholic Church, Darton Longman Todd, London, 2001, 204pp.

「日本語テキスト全文を見るにはここをクリック」