Japanese WOMEN CAN BE PRIESTSheader

Responsive image

Nederlands/Vlaams Deutsch Francais English language Spanish language Portuguese language Catalan Chinese Czech Malayalam Finnish Igbo
Japanese Korean Romanian Malay language Norwegian Swedish Polish Swahili Chichewa Tagalog Urdu
------------------------------------------------------------------------------------
教導権は推定「教義」の同じような例で沢山の深刻な:誤りを犯した。

教導権は推定「教義」の同じような例で沢山の深刻な

誤りを犯した。

   教導権が信仰共同体を異端から護ってくれることには尊敬を表したい。しかし歴史を顧みれば、それが深刻な判断の間違いをおかし得るし、現におかしたことが分かる。

   このような間違いは異文化の中でしばしば起こった。それは愚かにもキリスト教の本質と同一視した時代遅れで伝統的な意見や慣習に固執したからである。

                         幾つかの判例の検証

ヨ-ロッパで銀行ができた時、今日では当たり前になっているが、ビジネスでは貸付に利子を取り始めた。しかし旧約の律法に従って教会はこれを禁じた。

第二ラテラノ会議(1139年)は利子を取る人たちは「秘蹟にあずかれない」「この間違いを撤回しない場合には教会での埋葬を拒否されるべき」と規定した。

教導職は1830年までこれを禁止し続けていた。従って、それまでの6世紀間、多くのビジネスマンやその家族たちは教会外で死んだのである。

クリック
 


1888年まで教皇と教皇庁の長官たちは奴隷制の正当性を擁護した。

教父、シノドス、教皇、神学者たちは奴隷の所有や売買が合法的にできるとの見解を固持した。

ロ-マの教理省は1866620日に「奴隷制自体その本質的な特性を考えると、自然法や神法に決して反するものではない。奴隷制には正当性がある奴隷の売買、交換、贈与は自然法にも神法にも反しない。

クリック
 

廃止(撤廃)活動をしたカトリックの司教、神学者、活動家たちは「トラブルメカ-」「異端者」などの烙印と押された。



1854年まで教会の公の教えによれば教会の外には救いがなかったのである。

教皇と神学者たちだけがこれを公の教義と宣言したのではなく、教会会議もこれを信仰の教理として定義づけたのである

教皇エウゲニウス四世の下で開かれたフィレンツェ会議は1442年に「聖なるロ-マ教会は.教会外にとどまる者は誰でも、異教徒のみでなくユダヤ人や異説を唱える者も、分裂していった者も永遠の命に参与できるが、人生を終える前までに教会に迎え入れられないならば、『悪魔とその手下のために用意してある永遠の火に』(マタイ2541)入ると言うことを硬く信じ、宣言する。何故なら教会の体との一致は非常に大切なので、教会の秘蹟は教会内にいる者のためにのみ役に立つのである。断食、施し、他の信心業、成熟したキリスト者の行為は彼らのために永遠の報いとなる。カトリック教会の懐の中に一致してとどまらない限り、キリストの名のためにたとえ血を流したとしても救いを得ることはできない。」

このいわゆる教義と呼ばれているものはバチカン公会議によって無効にされたが、他の諸宗教に対する無知によるものである。それは教会外に働く神の恵みを無視したことに他ならない。

クリック

  問題の真髄は教導職が常に時代遅れだったことである。即ち、貸付元金に対する利息取立て、自動説、聖書記者、民主主義、労働組合、宗教的自由とエクメニズムなど少なくても64項目について言えることである。 現代、いかなる問題が突然現れても、ロ-マは先ず理解しない。受胎調節、任意の独身制、女性叙階の禁止など同じ過ちをおかしているのではないだろうか。

  



何故教導職に挑戦するのか よくなされる質問 次?
文化的変化 事実 歴史 真の忠実さ 信仰のセンス
フェミニズム? 不謬? 信憑性? 従順? 陰謀?
カトリック信徒の権利とは何なのか?
質問、提案、所見など?

固い殻の中には一体何があるのか

聖書からの論争

伝統からの議論

神学的論争

教導職

声を挙げる義務

これは一体全体何なのか

声を挙げる義務

これは一体全体何なのか

固い殻の中には一体何があるのか

.

1 .キリストにおける一つの祭司職

2.司式する力を受けて

3.文化的偏見

4.女性は嘗て助祭であった

5.女性が叙階され得ることは教会の潜在的な伝統の中にある

6.他のキリスト教会は女性司祭を受け入れている

7.実は女性もまた司祭になるべく招かれている

何時も問われる質問を参照せよ


ジョン・ワインガーズ著『女性はなぜ司祭になれないのか』

John Wijngaards, The Ordination of Women in the Catholic Church, Darton Longman Todd, London, 2001, 204pp.

「日本語テキスト全文を見るにはここをクリック」