Japanese WOMEN CAN BE PRIESTSheader

Responsive image

Nederlands/Vlaams Deutsch Francais English language Spanish language Portuguese language Catalan Chinese Czech Malayalam Finnish Igbo
Japanese Korean Romanian Malay language Norwegian Swedish Polish Swahili Chichewa Tagalog Urdu
------------------------------------------------------------------------------------
神学者と信者は教導権の誤りに 良心的に賛同できないことを 表明する義務がある

神学者と信者は教導権の誤りに
良心的に賛同できないことを
表明する義務がある

   権威の座にある人たちは他の人々の助言に耳を傾ける必要などないと思う傾向がある。過去においてしばしばこれが深刻な誤りの原因なのである。

   教会はすべての信者、特に神学者たちが自分たちが知り、経験のある事柄で反対の声を挙げる義務があることを明確にしてきた。

 

   「信者たちに、すなわち教役者にも信徒にも、研究と思想の正当な自由、自分の専門の分野において謙虚と勇気をもって自説を発表する正当な自由をみとめなければならない。」第二バチカン公会議、現代世界憲章 62

クリック


                
「キリスト信者は、各人の学識、固有の権限、地位に応じて教会の善益に監視、自己の意見を教会の牧者に表明する権利及び時として義務を有する。同様にまた、信仰及び道徳の十全性並びに牧者に対する尊敬心を損なうことなく、共通の利益及び人間の尊厳に留意し、自己の意見を他のキリスト信者に表明する権利及び義務を有する。」

カトリック教会法典、第
212(3).

クリック
 


「言論の自由は、社会の中でより影響力のある集団の理念や反応を表現する世論が成長するための当然の要因である。」

「もし世論が同じように表わされるなら、自由に理念や態度を表現することは、絶対に基本的なことである。」

Communio et Progressio,
29 January 1971



「教導職は熱心で勤勉な神学研究者や神学者の心からの協力に多くを負う。神学の助けなしに教導職は信仰を保ち、教えることができなかったことは疑う余地がない。しかし、それを遂行するには、困難なしに必要な豊かな知識に到達することはない。
というのは、啓示や霊感はカリスマではなく、聖霊の助けによってのみ与えられることは周知の通りである。」教皇パウロ六世、
1966年10月日1)

 

「聖なる学問の研究に従事する者は、自己の専門という事柄に関して研究を進め、自己の考えを賢明に表明する正当な自由を有する。ただし、教会の教導権に対して相応しい恭順を示さなければならない。」

カトリック教会法典、第
218.

クリック

「では盲目的従順とは何なのか?!」



何故教導職に挑戦するのか よくなされる質問 次?
文化的変化 事実 歴史 真の忠実さ 信仰のセンス
フェミニズム? 不謬? 信憑性? 従順? 陰謀?
カトリック信徒の権利とは何なのか?
質問、提案、所見など?

固い殻の中には一体何があるのか

聖書からの論争

伝統からの議論

神学的論争

教導職

声を挙げる義務

これは一体全体何なのか

声を挙げる義務

これは一体全体何なのか

固い殻の中には一体何があるのか

.

1 .キリストにおける一つの祭司職

2.司式する力を受けて

3.文化的偏見

4.女性は嘗て助祭であった

5.女性が叙階され得ることは教会の潜在的な伝統の中にある

6.他のキリスト教会は女性司祭を受け入れている

7.実は女性もまた司祭になるべく招かれている

何時も問われる質問を参照せよ


ジョン・ワインガーズ著『女性はなぜ司祭になれないのか』

John Wijngaards, The Ordination of Women in the Catholic Church, Darton Longman Todd, London, 2001, 204pp.

「日本語テキスト全文を見るにはここをクリック」