Japanese WOMEN CAN BE PRIESTSheader

Responsive image

Nederlands/Vlaams Deutsch Francais English language Spanish language Portuguese language Catalan Chinese Czech Malayalam Finnish Igbo
Japanese Korean Romanian Malay language Norwegian Swedish Polish Swahili Chichewa Tagalog Urdu
------------------------------------------------------------------------------------
Ordained as Deacons

助祭として叙階されて

教会の歴史の中で三つの奉仕職は叙階を通して受けられる。
これらは聖役と呼ばれる。
即ち、司教職、司祭職、助祭職である。
機能の範囲は異なるが、凡てこれらは聖役の秘跡に属する。


第二バチカン公会議は「神の制定による教会的役務は種々の聖職階級において古代から司教、司祭、助祭によって執行される」(教会憲章28項)と謳っている。

Women were ordained deacons! 女性たちは初代教会において助祭に叙階されていた。

最初の九世紀の間、特に教会の東部で広くこの叙階は行われていたことが記録されている。

女性助祭は体全体の塗油と水の中での浸礼が必要だった女性の洗礼式に奉仕した。

当時用いられていた叙階儀式書もある。司教による按手、助祭のための聖霊祈願、そしてストラの贈与である。
ここでそのような儀式の典型的な例を読む。

助祭叙階は男女のためのすべての本質的なことでは全く同じであった。もし女性助祭の叙階が有効でなかったのなら、男性助祭のも同じ有効ではなかった。


  年に西方との分裂があってから東方の教会は当時少なくともカトリックであった。

慣例は聖パウロの時代まで遡ることができる。彼と一緒に奉仕していたのが「ケンクレアイの教会の助祭」フェベであった。(ロ-マ 16:1-2

カルケドン、テュルリョ、第二ニケアなどの国際教会会議は女性助祭の叙階を支持した。


当時もし女性が聖なる叙階を受けていたのなら現在確かに受けることができる。

 

女性叙階に関する最新の本
ジョン・ワインガ-ズ著、カンタベリ- プレス、2002

「本書は歴史的背景が強調された例外的に魅力的で読みごたえのある本。ワインガ-ズは初期の史料を訳し、それを近づきやすい形で提供してくれた。」

初代の叙階儀式を戯曲化した

書評---------------注文

    Go to the next step?
1 2 3 4 5 6 7
baptised empowered liberated ordained affirmed supported called

固い殻の中には一体何があるのか

聖書からの論争

伝統からの議論

神学的論争

教導職

声を挙げる義務

これは一体全体何なのか

声を挙げる義務

これは一体全体何なのか

固い殻の中には一体何があるのか

.

1 .キリストにおける一つの祭司職

2.司式する力を受けて

3.文化的偏見

4.女性は嘗て助祭であった

5.女性が叙階され得ることは教会の潜在的な伝統の中にある

6.他のキリスト教会は女性司祭を受け入れている

7.実は女性もまた司祭になるべく招かれている

何時も問われる質問を参照せよ


ジョン・ワインガーズ著『女性はなぜ司祭になれないのか』

John Wijngaards, The Ordination of Women in the Catholic Church, Darton Longman Todd, London, 2001, 204pp.

「日本語テキスト全文を見るにはここをクリック」