Japanese WOMEN CAN BE PRIESTSheader

Responsive image

Nederlands/Vlaams Deutsch Francais English language Spanish language Portuguese language Catalan Chinese Czech Malayalam Finnish Igbo
Japanese Korean Romanian Malay language Norwegian Swedish Polish Swahili Chichewa Tagalog Urdu
------------------------------------------------------------------------------------
再び教導権を信頼することが出来るだろうか?

再び教導権を信頼することが出来るだろうか?

「あなたのそのような話し方が私の信仰を動揺させる!

もし教導権が過去に多くの間違いを犯したなら、どのように再び信頼することができるのだろうか?」

その通りだ!

教導権は教会内で重要な役割を持っている。それは食品・保健委員会に公共の安全性を見守る役割が託されているのと同じである。

教導権がその信憑性を既に失い、まだ失い続けているのは教会にとり好ましいことではない。

教会は塩が味を失うことについてのキリストの戒めを留意すべきである。



「塩が味を失う?

何のこと?」

「信憑性を保つためにバチカンは次のような役に立たない実践を直ちに中止すべきである。

  • 司教シノドスの自由で建設的な協議を妨害すること。
      司教シノドスは教皇庁の影響とバランスを持たせるために第二バチカン公会議が設置したものである。
  • 司教協議会の権威の正当な行使を干渉すること。
     司教は教皇の代理ではなく、その教区を自分の権威で統治するキリストの代理者である。
  • 同類の候補者の高位聖職者、国際神学委員会などを任命すること。
     それは教会の指導者に従属的で、いいなりになる人を選ぶことになる。
  • 公的な見解に勇気をだして反論する神学者を弾圧すること。
     これは教会内の誠実で創造的な考えを衰退させてしまう。」


何故教導職に挑戦するのか よくなされる質問 次?
文化的変化 事実 歴史 真の忠実さ 信仰のセンス
フェミニズム? 不謬? 信憑性? 従順? 陰謀?
カトリック信徒の権利とは何なのか?
質問、提案、所見など?

固い殻の中には一体何があるのか

聖書からの論争

伝統からの議論

神学的論争

教導職

声を挙げる義務

これは一体全体何なのか

声を挙げる義務

これは一体全体何なのか

固い殻の中には一体何があるのか

.

1 .キリストにおける一つの祭司職

2.司式する力を受けて

3.文化的偏見

4.女性は嘗て助祭であった

5.女性が叙階され得ることは教会の潜在的な伝統の中にある

6.他のキリスト教会は女性司祭を受け入れている

7.実は女性もまた司祭になるべく招かれている

何時も問われる質問を参照せよ


ジョン・ワインガーズ著『女性はなぜ司祭になれないのか』

John Wijngaards, The Ordination of Women in the Catholic Church, Darton Longman Todd, London, 2001, 204pp.

「日本語テキスト全文を見るにはここをクリック」