Nederlands/Vlaams Deutsch Francais English language Spanish language Portuguese language Italiano
Catalan Czech Esperanto Greek Igbo Japanese Korean Latin Malay language Norwegian Polish Swahili Tagalog
Home Page!
If you can't read this font click here.

Seven Reasons why

女性は叙階され得るし、
される筈の七つの理由

1.キリストにおける一つの祭司職
洗礼を通して女性と男性は同じようにキリストの新しい司祭職に参与する。これは聖なる叙階への道を開く。 クリック

2.司式する力を受けて
最後の晩餐でイエスは女性にも男性にも権能を与えた。両性共に感謝の祭儀を司式するために叙階されることができる。 クリック

3.文化的偏見
女性を司祭に叙階しないという教会の伝統は女性に対する三重の偏見に基礎を置く。これは教会の判断をくるわせた。クリック

4.女性は嘗て助祭であった
少なくとも九世紀まで教会は女性たちに秘跡としての叙階を授け、助祭に挙げていた。これは女性も司祭に叙階され得ることの証明である。 クリック

5.女性が叙階され得ることは教会の潜在的な伝統の中にある
一例は司祭としのマリアへの古い新人である。「信仰のセンス」によれがマリアにおいて女性への法度は既に克服されていることを示している。クリック

6.他のキリスト教会は女性司祭を受け入れている
誠実な研究と祈りを通して他のキリスト教会は現在女性を司祭に叙階している。これらの教会がしていることのすべてをカトリック教会が受け入れることができないにしても、キリスト信者のコンセンサスは女性叙階がキリストのみ旨にかなうものであることを示している。クリック

7.実は女性もまた司祭になるべく招かれている
多くのカトリックの女性たちが自分たちの中に芽生える司祭職への召命は無視することができない聖霊の働きであることを祈りの中で悟っている。クリック

結論:女性叙階禁止の正当な議論はない。多くの誠実なカトリックの論争はこれに賛同している。

 




ジョン・ワインガーズ著『女性はなぜ司祭になれないのか』

John Wijngaards, The Ordination of Women in the Catholic Church, Darton Longman Todd, London, 2001, 204pp.

「日本語テキスト全文を見るにはここをクリック」