Japanese WOMEN CAN BE PRIESTSheader

Responsive image

Nederlands/Vlaams Deutsch Francais English language Spanish language Portuguese language Catalan Chinese Czech Malayalam Finnish Igbo
Japanese Korean Romanian Malay language Norwegian Swedish Polish Swahili Chichewa Tagalog Urdu
------------------------------------------------------------------------------------
何故敢えて教導職に挑戦するのか:なりがちな種類の「教義」に属す

何故敢えて教導職に挑戦するのか
なりがちな種類の「教義」に属す

世紀を通じてキリスト教教義の公式表現はその時代の文化に影響されてきた。文化の変化は三位一体、受肉などの中心的教義にも影響を与えた。然し「周縁の教義」は完全に当時風靡した主要文化に乗っ取られてしまった。

  • 社会的秩序 -- 民主主義は禁じられ、王は「神権によって」統治すると考えられ、階級制度は教会内で是認され、植民地主義は教皇によって支持された。
  • 被造界 -- ガリレオは地動説を唱えて異端と宣告され、占星術は大事にされ、
  • 典礼 -- ロ-マの普段着が「聖なる祭服」になり、司教は封建領主として扱われた。ラテン語は神の言葉だと考えられていた。
  • セクシュアリティ -- グノ-シス派的恐怖が否定的な道をつくり、ロ-マとドイツの民法が婚姻の規則を作った。

女性は文化的見地から司祭的機能の行使から排除された。

女性は「美しい被造物」だと考えられていたが、男性よりはるかに劣っていた。

  • 余り知的でない
  • 情緒的に不安定
  • 信頼できない
  • 指導力を発揮する能力がない
クリック

              

女性の卵子について無知のために子孫を造ることは男子の精子だけによって新しい生命が造られるのだとした。

これがトマス・アクイナスのような神学者たちが女性の叙階を除外した理由であった。

クリック

女性はまたひどい「弊害」即ち、毎月のメンスに苦しんだ。これが神の聖なる祭壇で女性が奉仕するのを相応しくないとした。

 メンスの血は不潔で、恐ろしく、それを触れば危険であるとされた。タブ-はロ-マでひどく、中世を経て世紀に至るまで続いた。

この期間中女性は教会に入り、ミサに与り、聖体拝領することも禁じられた。時々手の上に布を広げ、聖体を受けた。彼女たちは確かに祭壇に近づくには余りにも「不潔」なのであった!

クリック

あげくのはてに、男性が罪を冒すのは女性のせいにされた。

エバはアダムを誘惑したと侮られ、神のエバへの呪いの罰である男性への従属をすべての女性は
常に背負わせられた。

クリック

司祭的奉仕職からの女性の排除を支えたのは文化的な偏見であった。ただ教会の権威はこの事実に目覚めていないということなのだ。



何故教導職に挑戦するのか よくなされる質問 次?
文化的変化 事実 歴史 真の忠実さ 信仰のセンス
フェミニズム? 不謬? 信憑性? 従順? 陰謀?
カトリック信徒の権利とは何なのか?
質問、提案、所見など?

固い殻の中には一体何があるのか

聖書からの論争

伝統からの議論

神学的論争

教導職

声を挙げる義務

これは一体全体何なのか

声を挙げる義務

これは一体全体何なのか

固い殻の中には一体何があるのか

.

1 .キリストにおける一つの祭司職

2.司式する力を受けて

3.文化的偏見

4.女性は嘗て助祭であった

5.女性が叙階され得ることは教会の潜在的な伝統の中にある

6.他のキリスト教会は女性司祭を受け入れている

7.実は女性もまた司祭になるべく招かれている

何時も問われる質問を参照せよ


ジョン・ワインガーズ著『女性はなぜ司祭になれないのか』

John Wijngaards, The Ordination of Women in the Catholic Church, Darton Longman Todd, London, 2001, 204pp.

「日本語テキスト全文を見るにはここをクリック」