他のキリスト教会での進展に支えられて

第二バチカン公会議はカトリック教会が他のキリスト教会から
学ばなければならないと教えている

「キリストを信仰し、洗礼を正しく受けた人々は、たとえ完全ではなくても、カトリック教会とのある交わりの中にいるそれゆえに正当にキリスト信者の名を受けているのであり、カトリック教会の子らから主における兄弟姉妹として当然認められるのである。」(エキュメニズムに関する教令no.3

「教会を建て、これに生命を与える諸要素、すなわち富の総体の中にあるもの、しかも多くのすぐれたものがカトリック教会の見える境界の外に存在し得る。」(エキュメニズムに関する教令no.3)

「キリストは旅路にある教会を教会が常に必要としている絶えざる改革へと招いている。」(エキュメニズムに関する教令no.

God is also at work in other Churches! 現在他のキリスト教会において女性たちはすべての奉仕職に招かれている。

それは福音教会のみでなく、メソディスト、聖公会、監督教会などカトリックの伝統に近い教会のことである。
実例を見よ.

女性を奉仕職に許すことはこれらの教会の信者たちが祈り、研究した長いプロセスの結果である。その真にキリスト教的動機とイエスが本当に望んだことへの誠実な探求は多くの古い出版物の中に見出される。


  他のキリスト教会の例では絶対的な方法で女性の叙階の正しさを証明してはいない。
しかし、これはカトリック教会にも聖霊が促す道であることを暗示している。
 
    Go to the next step?
1 2 3 4 5 6 7
baptised empowered liberated ordained affirmed supported called

固い殻の中には一体何があるのか

聖書からの論争

伝統からの議論

神学的論争

教導職

声を挙げる義務

これは一体全体何なのか

声を挙げる義務

これは一体全体何なのか

固い殻の中には一体何があるのか

.

1 .キリストにおける一つの祭司職

2.司式する力を受けて

3.文化的偏見

4.女性は嘗て助祭であった

5.女性が叙階され得ることは教会の潜在的な伝統の中にある

6.他のキリスト教会は女性司祭を受け入れている

7.実は女性もまた司祭になるべく招かれている

何時も問われる質問を参照せよ


ジョン・ワインガーズ著『女性はなぜ司祭になれないのか』

John Wijngaards, The Ordination of Women in the Catholic Church, Darton Longman Todd, London, 2001, 204pp.

「日本語テキスト全文を見るにはここをクリック」