Japanese WOMEN CAN BE PRIESTSheader

Responsive image

Nederlands/Vlaams Deutsch Francais English language Spanish language Portuguese language Catalan Chinese Czech Malayalam Finnish Igbo
Japanese Korean Romanian Malay language Norwegian Swedish Polish Swahili Chichewa Tagalog Urdu
------------------------------------------------------------------------------------
Has the Church said ‘No!’

教会は「否」と言ったが、
本当に否であるべきなのか?

「女性は司祭に叙階されることができないということは普遍的教導職に不可謬的に唱道されている。」

Ordinatio Sacerdotalis § 4
The Congregation for Doctrine in Rome

ロ-マ教理庁

「教会は女性に司祭叙階を許す権威が全くない。またこの判断は教会のすべての信者が明確に持つ筈である。」

Inter Insigniores § 5

Background music?


普遍的教導職とは世界中のカトリック司教たちによる教義を意味する。

この教義は下記のような場合にのみ不可謬となる。
1. .教導職の権威が司教団によって行使される時
2.司教たちが判断を下す時
3. .信徒に意見を聴いてから
4. .啓示された信仰又は倫理に関する時
5. 最終的に司教たちが教会に課したい見解

女性叙階に関してはこれらの条件は一つも充たされていない。

議論は終止されたのか?
そうではない。




それで著名な神学者たちはこの件に関して不可謬とする要求に反対している。

さらに、教会の教義とするためには信徒に受け入れられることが必要であり、カトリック信者の大多数が反対している時には不可謬とはならないのである。

参照:Richard Gaillardetz著  ‘The Reception of Doctrine: New Perspectives’.
 
  過去から学ぼう。


教皇を含むロ-マ教導職当局が深刻な間違いを犯したのはこれが初めてではない。



Bishop Raymond A. Lucker 司教は少なくとも 65 のかつて信ずべきとしたが今では変更された教義を最近リストアップした。

これら凡てから女性叙階の問題は永遠に閉ざされたのではないことは明らかである。  

簡略化された「主要ポイントの提示」に過ぎないが
さらに学問的に知りたいなら、ここをクリック!

一体全体教会の教導職の権威とは何なのであろうか?
度々聞かれる質問欄を見よ!

固い殻の中には一体何があるのか

聖書からの論争

伝統からの議論

神学的論争

教導職

声を挙げる義務

これは一体全体何なのか

声を挙げる義務

これは一体全体何なのか

固い殻の中には一体何があるのか

.

1 .キリストにおける一つの祭司職

2.司式する力を受けて

3.文化的偏見

4.女性は嘗て助祭であった

5.女性が叙階され得ることは教会の潜在的な伝統の中にある

6.他のキリスト教会は女性司祭を受け入れている

7.実は女性もまた司祭になるべく招かれている

何時も問われる質問を参照せよ


ジョン・ワインガーズ著『女性はなぜ司祭になれないのか』

John Wijngaards, The Ordination of Women in the Catholic Church, Darton Longman Todd, London, 2001, 204pp.

「日本語テキスト全文を見るにはここをクリック」