Japanese WOMEN CAN BE PRIESTSheader

Responsive image

Nederlands/Vlaams Deutsch Francais English language Spanish language Portuguese language Catalan Chinese Czech Malayalam Finnish Igbo
Japanese Korean Romanian Malay language Norwegian Swedish Polish Swahili Chichewa Tagalog Urdu
------------------------------------------------------------------------------------
女性はキリストのペルソナにおいて行えないのか?

女性はキリストのペルソナにおいて
行えないのか?

Background music?

The Congregation for Doctrine in Rome

ロ-マ教理省

  「司祭は『キリストのペルソナにおいて』行う。イエスは男性であったので、男性の司祭のみがミサ聖祭においてキリストを代表することができる。」
Inter Insigniores § 24-28


「秘蹟はしるしでありそして司祭はキリストのしるしである。女性は従属するもので、卓越した身分ではありえないので叙階の秘蹟を受けることはできない
神学大全 補足 39 - 1

Background music?


何と云うことか!

この偏見は中世の教父と神学者たちの主張である。

即ち、彼らは生殖を父親に帰した。すべて産まれる子どもは男性の精子の中にあり、母親は種子が育つ土壌のようなものであると考えた。

女性はこのように完全な人間ではないので、彼女たちは完全なキリストを代表することはできない。











  さらに、司祭がキリストのペルソナにおいて行う時、彼の特性はキリストの男性性ではなく、彼の仲介者としての役割である。

女性はキリストにおいて同等なので、男性と同じようにキリストを代表することができる。

女性もキリストの似姿なのである。

さらに、女性は洗礼と婚姻を司る時、既に「もう一人のキリスト」として行う。

実際、女性はキリストの女性的側面をより良く反映している。

重要なのは、女性も彼の司祭職の本質であるキリストの愛を表わすことができるということである。
従って女性がキリストを表わすことが出来ないという口実の下に、教会が彼女たちを司祭の奉仕職から排除するのは間違いである。

 
You are in a simplified, ‘key point presentation’ mode.
To switch to academic mode, click here!

固い殻の中には一体何があるのか

聖書からの論争

伝統からの議論

神学的論争

教導職

声を挙げる義務

これは一体全体何なのか

声を挙げる義務

これは一体全体何なのか

固い殻の中には一体何があるのか

.

1 .キリストにおける一つの祭司職

2.司式する力を受けて

3.文化的偏見

4.女性は嘗て助祭であった

5.女性が叙階され得ることは教会の潜在的な伝統の中にある

6.他のキリスト教会は女性司祭を受け入れている

7.実は女性もまた司祭になるべく招かれている

何時も問われる質問を参照せよ


ジョン・ワインガーズ著『女性はなぜ司祭になれないのか』

John Wijngaards, The Ordination of Women in the Catholic Church, Darton Longman Todd, London, 2001, 204pp.

「日本語テキスト全文を見るにはここをクリック」