Japanese WOMEN CAN BE PRIESTSheader

Responsive image

Nederlands/Vlaams Deutsch Francais English language Spanish language Portuguese language Catalan Chinese Czech Malayalam Finnish Igbo
Japanese Korean Romanian Malay language Norwegian Swedish Polish Swahili Chichewa Tagalog Urdu
------------------------------------------------------------------------------------
司祭の聖職は女性の本姓に反するのだろうか?

Background music?

司祭の聖職は女性の本姓に反するのだろうか?

Background music?

「救いのシンボリズムでキリストは花婿で教会は彼の花嫁である。男と女は神の計画の中で異なる働きを持つ。」
Inter Insigniores § 29-31



「啓示は何故托身が男性の性に従って行われたのかを示す。理由として、男性のみが一言で云ってキリストを「代表して」 (即ち、彼の効果的なしるし)その現存のしるしとして、契約の重要な行為においてキリストの役割を果たすことができる。」

Commentary on Inter Insigniores § 102
  The Congregation for Doctrine in Rome

ロ-マの教理省

Background music?


これは余りにひどい!

婚礼の神秘的イメ-ジは司祭の聖職には適用しない。

すべてのキリスト者は新郎と新婦両方を象徴する。

典礼の中でそれが言及されている箇所でシンボリズムは双方に適用される。.
キリストは男として生まれなければならなかったという主張はキリス教の伝統の中で聞いたことがない。

古代の伝統によれば托身で想定される唯一のことは救いである。男のみの托身は女たちが完全に救われないことを意味する。
しかし女性たちは洗礼によって再生し、男性と同じように救われる。

参照: “Not Man enough to represent the Groom?!” by John Wijngaards

Also: ‘Omnis Analogia Claudet’ by Dorothy Irvin


Also: The Creation of Womanhood: A Hierarchical Construction, by René van Eyden.
 



You are in a simplified, ‘key point presentation’ mode.
To switch to academic mode, click here!

固い殻の中には一体何があるのか

聖書からの論争

伝統からの議論

神学的論争

教導職

声を挙げる義務

これは一体全体何なのか

声を挙げる義務

これは一体全体何なのか

固い殻の中には一体何があるのか

.

1 .キリストにおける一つの祭司職

2.司式する力を受けて

3.文化的偏見

4.女性は嘗て助祭であった

5.女性が叙階され得ることは教会の潜在的な伝統の中にある

6.他のキリスト教会は女性司祭を受け入れている

7.実は女性もまた司祭になるべく招かれている

何時も問われる質問を参照せよ


ジョン・ワインガーズ著『女性はなぜ司祭になれないのか』

John Wijngaards, The Ordination of Women in the Catholic Church, Darton Longman Todd, London, 2001, 204pp.

「日本語テキスト全文を見るにはここをクリック」