Japanese WOMEN CAN BE PRIESTSheader

Responsive image

Nederlands/Vlaams Deutsch Francais English language Spanish language Portuguese language Catalan Chinese Czech Malayalam Finnish Igbo
Japanese Korean Romanian Malay language Norwegian Swedish Polish Swahili Chichewa Tagalog Urdu
------------------------------------------------------------------------------------
Has the Church never ordained women?

教会は女性を絶対に叙階した
ことがないのだろうか?

“初代教会の頃からずっと今まで教会の慣習は女性を司祭に叙階しなかった”

Inter Insigniores § 6-8, 23
The Congregation for Doctrine in Rome

ロ-マ教理庁

“女性は確かに初代教会において奉仕職を行っていたが、それは秘蹟的司祭職とは関係のないものであった。”

Inter Insigniores 57,71-77の注釈

例外はあるとして、女性は司祭に叙階されることはなかったと!

しかし、この排除は三重の偏見によるものである。女性は次のように考えられえていた。



先ず事実を調べること!






  文化的な偏見にもかかわらず、信徒たちは何世紀もの間ずっとキリストにおいて男も女も平等であるのを知っていた。心の奥底で女性も司祭になれる筈だと思っていた。これを潜在的伝統と呼ぶ。.

この潜在的伝統の例として



「処女の司祭」15世紀初頭フランスのアミアン派
9世紀もの間教会は実際に女性を助祭に叙階していた事実もある。

右手による按主と聖霊への祈願を行う叙階の儀式では女性と男性を同等に扱った。

女性も完全な秘蹟的助祭職を受けたのである。


従って、伝統を司祭的奉仕職から女性を除外する有効な理由として用いてはならない。
 




You are in a simplified, pictorial mode.
To switch to academic mode, click here!

固い殻の中には一体何があるのか

聖書からの論争

伝統からの議論

神学的論争

教導職

声を挙げる義務

これは一体全体何なのか

声を挙げる義務

これは一体全体何なのか

固い殻の中には一体何があるのか

.

1 .キリストにおける一つの祭司職

2.司式する力を受けて

3.文化的偏見

4.女性は嘗て助祭であった

5.女性が叙階され得ることは教会の潜在的な伝統の中にある

6.他のキリスト教会は女性司祭を受け入れている

7.実は女性もまた司祭になるべく招かれている

何時も問われる質問を参照せよ


ジョン・ワインガーズ著『女性はなぜ司祭になれないのか』

John Wijngaards, The Ordination of Women in the Catholic Church, Darton Longman Todd, London, 2001, 204pp.

「日本語テキスト全文を見るにはここをクリック」