Japanese WOMEN CAN BE PRIESTSheader

Responsive image

Nederlands/Vlaams Deutsch Francais English language Spanish language Portuguese language Catalan Chinese Czech Malayalam Finnish Igbo
Japanese Korean Romanian Malay language Norwegian Swedish Polish Swahili Chichewa Tagalog Urdu
------------------------------------------------------------------------------------
Sound Scripture Interpretation

聖書の正統な解釈の規定

Scriptural Meaning! The literal sense Rationalizations! Intended Scope Literary Forms Meaning of a text

過去においてキリスト信者は聖書のテキストを使って自分たちの目に余る不公正な行為を正当化していた。例えば、他者の奴隷化、女性の権利の否定、貧困者より金持ちの優先、他の人種の植民地化などである。このような異教徒の習慣への後戻りは本当に悲しいことであるが、さらにひどいことは神のみ旨に従って行っているという彼らの主張であった。キリスト信者が聖書を引用して自分たちの非キリスト的な行為を正当化したのである。

悪魔ですら聖書を引用する(マテオ4,6から)と云うことは神学者たちの間で良く知られていることわざである。歴史はこれを裏付けている。悪用された聖書のテキストに基づいて何百もの異端説が宣言され、何千もの誤りが犯された。

霊感を受けて書かれたテキストは注意深く読まれなければならない。神が人間の書き手を通して神の名で語られることは普通の人間の言葉のすべての規則に従うことである。神は人間の書き手が語る以上には話さない。

世紀の流れの中でカトリックの解釈は教会の権威に承認され、霊感によるメッセ-ジをより正確に理解できるように重要な規程が作られた。それに従うことによってのみ私たちは多くの人が落ちたわなを避けられる。

解釈上の規則

1. 神が私たちに告げていることに関して結論を出す前に私たちは人間の著者が何を言いたかったかを知る必要がある。

これは『文字通りの意味』の規則(『字句にこだわる直訳』ではない)として知られている。これは第二バチカン公会議によって支持された。

2. 多くのテキストで聖書記者が使っている文語体の分析を通してそこで教えていることを識別しなければならない。

この規則1から始まる規則は『文語体』の規則?して知られている。これも第二バチカン公会議で支持された。

3. 彼が意図した範囲外にある声明又は主張を聖書記者の責任に帰すべきではない。

記者の意図した範囲?規則は前の規則に順ずる。

4.記者による重要な声明を彼が表現する彼自身の意見の中での理屈付けと通俗的な論法とを区別しなければならない。

理由づけ認めないことが聖書記者の意向に関する深刻な誤解の元にしばしばなった。

固い殻の中には一体何があるのか

聖書からの論争

伝統からの議論

神学的論争

教導職

声を挙げる義務

これは一体全体何なのか

声を挙げる義務

これは一体全体何なのか

固い殻の中には一体何があるのか

.

1 .キリストにおける一つの祭司職

2.司式する力を受けて

3.文化的偏見

4.女性は嘗て助祭であった

5.女性が叙階され得ることは教会の潜在的な伝統の中にある

6.他のキリスト教会は女性司祭を受け入れている

7.実は女性もまた司祭になるべく招かれている

何時も問われる質問を参照せよ


ジョン・ワインガーズ著『女性はなぜ司祭になれないのか』

John Wijngaards, The Ordination of Women in the Catholic Church, Darton Longman Todd, London, 2001, 204pp.

「日本語テキスト全文を見るにはここをクリック」

Please, credit this document
as published by www.womenpriests.org!