Japanese WOMEN CAN BE PRIESTSheader

Responsive image

Nederlands/Vlaams Deutsch Francais English language Spanish language Portuguese language Catalan Chinese Czech Malayalam Finnish Igbo
Japanese Korean Romanian Malay language Norwegian Swedish Polish Swahili Chichewa Tagalog Urdu
------------------------------------------------------------------------------------
事実無根からの議論

事実無根からの議論

Scriptural Meaning!

The literal sense Rationalizations! Intended Scope Literary Forms Meaning of a text

キリストが決定しなかった事柄

キリスト教の教義と実践面でキリストが明らかに決定しなかった沢山の重要な事柄がある。

キリストにまつわるこれらの実際になかったことを列挙するのも意味があるかも知れない。

注意:私は上記のような制定の正当性を論じているのではない。ただそのような事柄はイエスが定めなかった事実無根のことであることを示したかったのである。

同じようにイエスが12使徒に女性を加えなかったことは彼が永久にそのように定めたことを立証するものではない。

女性を選ばなかったことについて事実でないこと

何故キリストは使徒団に女性を入れなかったのだろうか。 アメリカ司教団の「教会と社会におけるにおける女性少委員会」の会員で、デンバ‐の司教G.R.Evansは1972年に次のように書いた。

「キリストの時代の社会文化的慣習を心にとめておかなければならない。 何故彼は使徒団の中に奴隷を入れなかったのか? そのような選択があれば長い間奴隷の叙階を拒んでいた教会の慣例を止めたに違いない。初代教会の苦い論争を簡単に避けることができたであろう。事実上の事柄が正当な問題になる必要がなかったのである。事態をただ観察することからそれに関わる権利について結論を引き出すことはできない。」 G.R.Evans著「女性の叙階」Homeletic and Pastoral Review 73(1972),no.1,pp. 29-32

キリストが女性を選ばなかったということを彼の心と意志の表れと捉えるべきではない。

もしイエスが両性の文化的地位が彼の時代と異なる社会に生きていたなら、違う選択をしたのではないか。父権制社会の女性に対して彼が選んだ完全に新しいアプロ‐チで既に見え始めた選択を。」H.M.Legrand著‘Views on the Ordination of Women’ Origins.(1977.1.6) 、no.6. pp.22-35

「12人の使徒に6人の男と6人の女を招いたとしたら彼の同時代の人々を怒らせ、初めから彼の仕事をぶち壊したことであろう。」 G.O’Collins著’Ordination of Women! Tablet288 (1974) 175-176, pp.213-21

「イエスは彼の使徒団に男だけを選んだという事だけである。私たちはそれが何故かを識別しなければならない。福音を説教したり、典礼を祝ったり、共同体を導いたりする奉仕職を行う使徒、即ち、司教または司祭の役割のために神が常に何時までも男性のみを選ぶことを意図したと論ずるのは根拠がないと主張したい。 むしろ、イエスが当時の文化的状況のためにそのような指導的役割を男性が担う方がよいという理由だけで彼らを選んだと推測する方が説得力がある。然しながら、そのような文化的条件は変わり、同時にそのような奉仕職を男性のみに限定する理論上の根拠も過ぎ去るのである。」 Review for Religious 34 (1975/76), pgs 957-67.

「過去に無かったからと言って将来にありえないと宣言するために伝承を用いてはならない。 西欧の社会と文化の中の性差別の故に女性が司祭職から排除されることは充分に考えられることである」 Groome, T.H.(1981-82), Sings of Hope Series: Section 4 "Struggle Against Sexism" Pace 12, St Mary’s Press, Minnesota, p.64.

年々このような考え方を確認する神学的研究が多数ある。年代順に幾つかの例をあげよう。J. L. Acebal, J. J. Begley-Armbruster, R. Gryson, I.Raming, J.M. Ford, R. Metz, F. Klostermann, J.M. Aubert

「何故多くの立派なカトリック聖書学者たちがこの議論(イエスが男のみを選んだ)に納得しなかったかの理由を幾つか挙げよう。 これらは仮説異議を唱えるものである。

「イエスは教会の奉仕職のあり方の決定を聖霊の導きに委ねたので、学者たちはイエスが未来の叙階志願者の性に関してそのような特別な指示をする意図があったことは非常に疑わしいと考える。 その代わりに、聖書解釈家の大多数はイエスが12使徒に男のみを選んだことはイスラエルの『族長』としてのシンボリックな役割の意味で決められたのだと思う。」  Catholic Theological Society of America (1997.6.6) の女性司祭に関する文書

参照 Ida Raming著Orientlerung 56(1992) pp.143-146 "The twelve apostles were men --"

固い殻の中には一体何があるのか

聖書からの論争

伝統からの議論

神学的論争

教導職

声を挙げる義務

これは一体全体何なのか

声を挙げる義務

これは一体全体何なのか

固い殻の中には一体何があるのか

.

1 .キリストにおける一つの祭司職

2.司式する力を受けて

3.文化的偏見

4.女性は嘗て助祭であった

5.女性が叙階され得ることは教会の潜在的な伝統の中にある

6.他のキリスト教会は女性司祭を受け入れている

7.実は女性もまた司祭になるべく招かれている

何時も問われる質問を参照せよ


ジョン・ワインガーズ著『女性はなぜ司祭になれないのか』

John Wijngaards, The Ordination of Women in the Catholic Church, Darton Longman Todd, London, 2001, 204pp.

「日本語テキスト全文を見るにはここをクリック」

Please, credit this document
as published by www.womenpriests.org!