Japanese WOMEN CAN BE PRIESTSheader

Responsive image

Nederlands/Vlaams Deutsch Francais English language Spanish language Portuguese language Catalan Chinese Czech Malayalam Finnish Igbo
Japanese Korean Romanian Malay language Norwegian Swedish Polish Swahili Chichewa Tagalog Urdu
------------------------------------------------------------------------------------
The Magisterium

教導職

Rome教導職に関しての

以下『ロ‐マ』という語を教理省と教皇を意味するものとして用いる。

Freedom of Inquiry教導職についての反対の立場

Background music?

    平坦な言葉で「普遍的教導職」とは何なのか
女性を司祭に叙階できないということが普遍的教導職により不可謬的に述べられた。.


ロ-マのテキスト前文
ロ-マは不可謬性のための五つの条件が充たされていないので. 、女性司祭に関して普遍的教導職の不可謬の教えを確立していない。

全世界の主な神学者たちはこのことに関する「不可謬性」についてのロ-マの宣言を拒否した。 .

第二バチカン公会議が要求しているように教皇が一般的に信徒や特に神学者たちに充分に相談しなかったことはロ-マが誤った判断をした主な理由である。
このことに関して責任ある者は皆 公けに声を挙げることが義務なのである。.

教会は女性の司祭叙階を許すいかなる権威も持っていないし、すべての信者がこの判断を支持すべきである。
ロ-マのテキスト前文

この問題に関するロ-マの教えの明確性はまだ解決されていない。

教皇を含むロ-マ当局は同種の深刻な誤りを過去において も犯した。.
現在のロ-マは現代の 貴重な新しい価値
教会を統治するより民主的な方法の必要性も理解していない。.
    ロ-マに反対する議論の要約:
* 「イエスはヨハネパウロ二世に応える」
*「ペテロがヨハネパウロ二世に言うであろうこと」」
by Dr. Aaron Milavec
    結論:教会は女性を叙階する権限をイエス・キリストから受けている。
よくある質問参照  

カトリック教会の教導権について


固い殻の中には一体何があるのか

聖書からの論争

伝統からの議論

神学的論争

教導職

声を挙げる義務

これは一体全体何なのか

声を挙げる義務

これは一体全体何なのか

固い殻の中には一体何があるのか

.

1 .キリストにおける一つの祭司職

2.司式する力を受けて

3.文化的偏見

4.女性は嘗て助祭であった

5.女性が叙階され得ることは教会の潜在的な伝統の中にある

6.他のキリスト教会は女性司祭を受け入れている

7.実は女性もまた司祭になるべく招かれている

何時も問われる質問を参照せよ


ジョン・ワインガーズ著『女性はなぜ司祭になれないのか』

John Wijngaards, The Ordination of Women in the Catholic Church, Darton Longman Todd, London, 2001, 204pp.

「日本語テキスト全文を見るにはここをクリック」