Japanese WOMEN CAN BE PRIESTSheader

Responsive image

Nederlands/Vlaams Deutsch Francais English language Spanish language Portuguese language Catalan Chinese Czech Malayalam Finnish Igbo
Japanese Korean Romanian Malay language Norwegian Swedish Polish Swahili Chichewa Tagalog Urdu
------------------------------------------------------------------------------------
The Duty of Speaking Out

声を挙げる義務

現在教会に付随する特別な状況故に、司教、司祭、修道者、神学者、信徒などの指導者たちは教会の現在の公の指導や実践についての誤りに対して声を上げる義務を持つている。

反対意見や批判を知らせることは賢明さと責任を持ってなされる必要がある。しかし、沈黙することはもはや美徳ではなく、最高の責任ある選択である。

これは女性叙階への教会の禁止に関して適用される。

ここではこの声を挙げることの意味について考察する。先ず、これに関する挑戦的な見解を紹介しよう。他の文書はwww.womenpriests.org

上に掲載する過程にある。あなたの感想を聞かして欲しい。

  信徒指導者たちの意見  
Mary McAleese, アイルランドの大統領であり、献身的なカトリック信徒である彼女は女性叙階の議論は継続されねばならないと繰り返し述べている。「司教たちから始まるコミュニケ-ションのチャネルは枢機卿を通して教皇に繋がる。そして教皇から信徒へと降りてくる。 これは教会の権力構造の中で一般的に信徒、特に女性の声が滅多に聞かれないことを意味する。」

Mary McAleese

‘Coping with a Christ who does not want women priests almost as much as He wants Ulster to remain Brisitsh’

Mary McAleese による1995年ダブリンの女性叙階のセミナ-で豊かに分かち合う女性の中での報告書、1121頁から。

による1995年ダブリンの女性叙階のセミナ-で豊かに分かち合う女性の中での報告書、1121頁から。

Mary McAleese による‘It Won’t Wash With Women’ in The Tablet,1997315日号.

「議論は終わったと云うが、彼らは補聴機の音を上げたらよい!」
Mary McAleese, President of Ireland

Melanie McDonagh はロンドンのEvening Standardの記者である。

Melanie McDonagh による ‘Count me out!’ The Tablet,1995826日号、841843

 

「人種、宗教, その他何であっても、もし実際にあなたが少数派に属するなら、それは好くはない。しかし、女性であることで更に厳しい時、少数派であることはより健康的なグル-に属し、拘置所ではなく教会に行くそれは奇妙なことである」

Melanie McDonagh

Alain Woodrow Le Mondeの宗教欄を受け持つジャ-ナリストである。

Alain Woodrowによる ‘Free speech in the Church’

The Tablet,1998630日、841843

「すべての権威主義的で非民主的な組織と同じく、カトリック教会は秘密主義を好むジャ-ナリストはこのようなタブ-を教会のために打ち破る義務がある。」

Alain Woodrow

  司祭たちの意見  

Fr. Owen O’Sullivan  アイルランドのベルファストにあるカプチン会の司祭である。

Fr. Owen O'Sullivan のよる ‘Where are the Priest-Prophets?’

「私たちは制度が発信するメセ-ジよりその組織を大切にしてきた。福音より組織を大切にしてきた。権威構造が福音や人々に仕えることより、その力が自分に仕えることを許してしまった。キリスト教を信じるより教会を信仰しているのである。」

Monsignor John J. Egan 66年間シカゴ大司教区の司祭であった。

Egan による The Last Testament

「イエスが最初の使徒を男性から選んだからとか、伝統が司祭職を特権的に男性のみにしているからという理由で女性が叙階されえないという議論はもはや大多数のカトリック信者を説得することは出来ない。」


アイルランドのダブリン大司教区の司祭であるFr. Eamon McCarthyは小教区付司祭になるように招かれたが、女性を叙階してはならないという条件の誓いを拒んだために小教区司祭にはなれなかった。


Michael Keane によるThe Call of Conscience. The dilemma of the Christian in a totalitarian church, BASIC ニュ-スレタ-、2003年春号

* Eamonn McCarthy による

‘Soline Vatinel, the Archbishop and Me’

BASICニュ-スレタ-2000119日号、2631


* What about you, do you want to go away too? The oath of fidelity and its effect on the Church of our times, BASIC Newsletter, Spring 2003, pp. 13 - 16.
BASICニュ-スレタ-、2003年春号、1316

* Jonas Association による It is time to speak out!


* Fr. Joseph S. O’Leary
による  ‘Integrity



もし司祭たちがこの問題についてのロ-マからの新しい『教え』に良心的に考えて奇妙と思わないで沈黙するなら、多くの神の民が良心的に生きようとしているのに良心的指導者としての証しをたてられるのだろうか。」

 

Fr. Eamonn McCarthy

「今こそ声を上げる時、沈黙の共犯者になってはならない」





フランスの司祭、Jonas

「避けられない誠実さは自発性と積極的な行動と保障のない、正統派でない決断を行う勇気を必要とする。」

Fr. Joseph O'Leary

 

神学者たちの意見

 
Rene van Eyden はオランダのウトレヒト・カトリック大学の名誉教授である。

「威圧的体制は被支配者の共犯を通してさらに抑圧を続ける。」


Rene van Eyden による ‘Womenpriests:Keeping Mum or Speaking Out?’

オランダでの1996112日、1500名参加のAcht Mei Bewegingでの講演

「オランダのロ-マカトリック教会の小教区で働く司祭たちの研究から、

68%の信徒たちは女性が叙階されるべきだと信じていることが明らかに

なっているでは何故皆黙っているのだろうか。 何故女性たちと連帯

しようとしないのだろうか。 何故すべてが伝統的なやり方でのん気に

行われるのだろうか。 これは一種の共犯ではないのか。」

Rene van Eyden

Marie Louise Uhrはオ-ストラリアのキャンベラ大学の教授である。

「聖書にも権威にも盲目的に従ってはならない。小さな子どもに両親に従うように教えることはよいかも知れないが、ある命令には従ってはならないことを学ばねばならない。」

‘Obedience, a questionable virtue’ St. Mark’s Review 173, 3~9頁、1998


The Statement by Sr. Christine Vladimiroff を参照せよ

「支配者の絶対的な神と御子の死を要求した父なる神のイメ-ジがどの程度教会権威に影響を及ぼしたのだろうか。今やっと社会は聖職者、教師、配偶者や両親が神から与えられた権利、義務を持っているとの確信の下に暴力や乱用を用いたかその結果を分かり始めている。」

. . ”

Sr. Jeanniene Gramickは長年同性愛者への奉仕職に携わってきて、更なる奉仕を嘆願したが、バチカンは彼女を沈黙させようとした。

‘The Place of Silencing in the Teaching of the Church’, by Jeannine Gramick, SSND.
Presentation delivered at Haverford College, Philadelphia, PA, Sept. 16, 2000

「教会を含めて、いかなるグル-プ内での秘密主義はそのグル-プの使命を駄目にしてしまう危険な状況を気づかせないようにする。秘密と統制は変化から身を守り、現状維持を育てるだけである。教会内の宗教観について表現の自由がなければ、共同体は間違った見方を永続させる危険を犯す。表現の自由なしに思考力そのものが息絶えてしまう。」

Sr. Jeannine Gramick

Sr. Joan Chittister,

Sr. Joan Chittister による

‘A Pope the Laity Wants’

1996年、National Catholic Reporter


神学者であり霊的著者

Bernhard Haring

The Law of Christ (1961 Mercier Press) を書き、第二バチカン公会議後の指導的倫理神学者となった。

Bernhard Haring による

A ‘Letter to the Pope’

1990630日、The Tablet, 841~843

の声』になったらもしあまりにも厳しい解釈に抵抗する人たちへの武器になったら、教会とその使命、ペテロの聖職に有害になるであろう。」

Bernhard Haring

Peter Hunerman はドイツのチュビンゲン大学の神学教授である。

Peter Hunermann による

‘A Theologian's ddilemma on women priests’  199493日号 The Tablet. 1113~1115

「カトリックの神学者たちは分裂を避けるために出来る限りのことをする責任を感じるが、一致のための正当な必要性と信仰の理解のための同じように正当な必要性の間に対立がある。もし教会が真実であろうとするなら、この双方が不可欠である。」

Peter Hunermann

Josefa Theresia Munch は司祭職への召出しを感じ、1953年からロ-マに抗議してきたドイツの神学者である(!) Read her story here


「少なくとも私の記事『カトリックの女性司祭?』を屑かごに入れる前に教会の頭に読んで貰いたい。198983()の一般謁見でバチカン職員が私から持っていったのだから。」

My Letters to the Pope”, The Catholic Citizen, Journal of St. Joan’s International Alliance, vol 72 (1991) no 1, pp. 18-29.
‘Letter to Pope John Paul II’ by Josefa Theresia Münch, sent on the 29th of May 1994.

Should Women be Silent in the Church?, Der christliche Sonntag, 15th. Aug. 1965.

Catholic Women Priests? Der christliche Sonntag, 10th Oct. 1965?
Josefa Theresia Munch

John Wijingaards はこのサイトの責任者である。

Read his story here.

‘Why I challenge the Pope’

このサイトの責任者の声明書


‘Resignation from the priestly ministry’

1998917日の記者会見

「信徒たちにロ-マよりもっと繊細な司牧的指導を行うことで受けた打撃の傷を最小限に食い止めようとする忠実な司牧者たちの中にあって、教理省長官はその信用を失った。最も驚くべきことは沈黙の共犯をすべてに強いることにより、教会の中の全ての責任あるレベルでロ-マが引き起こす避けがたい腐敗である。」

John Wijngaards

Paul Collins 2001年に司祭職を辞任した神学者であり著述家である。

Paul Collins による

‘Reasons for my Resignation’

「司祭のように公の責任を担う人は良心的に『このような教会に協力し続けることが出来るのだろうか』と自問しなければならない。私は誠実を尽くして『出来ない』と言うべきだと感じる。」

Luis T. Gutierrez

Solidarity, Sustainability and Religious Violenceという機関紙の編集者である。

The Male-only Priesthood Is Not Revealed Truth

ヨハネ・パウロ二世への公開質問状

19951128日投函

Available as post card! Click!

参考資料


固い殻の中には一体何があるのか

聖書からの論争

伝統からの議論

神学的論争

教導職

声を挙げる義務

これは一体全体何なのか

声を挙げる義務

これは一体全体何なのか

固い殻の中には一体何があるのか

.

1 .キリストにおける一つの祭司職

2.司式する力を受けて

3.文化的偏見

4.女性は嘗て助祭であった

5.女性が叙階され得ることは教会の潜在的な伝統の中にある

6.他のキリスト教会は女性司祭を受け入れている

7.実は女性もまた司祭になるべく招かれている

何時も問われる質問を参照せよ


ジョン・ワインガーズ著『女性はなぜ司祭になれないのか』

John Wijngaards, The Ordination of Women in the Catholic Church, Darton Longman Todd, London, 2001, 204pp.

「日本語テキスト全文を見るにはここをクリック」

Please, credit this document
as published by www.womenpriests.org!