Japanese WOMEN CAN BE PRIESTSheader

Responsive image

Nederlands/Vlaams Deutsch Francais English language Spanish language Portuguese language Catalan Chinese Czech Malayalam Finnish Igbo
Japanese Korean Romanian Malay language Norwegian Swedish Polish Swahili Chichewa Tagalog Urdu
------------------------------------------------------------------------------------
Theological Arguments

神学的論争

Rome

ロ‐マの立場

以下『ロ‐マ』という語を教理省と教皇を意味するものとして用いる。

Freedom of Inquiry神学的反論

Background music?

    「キリストのペルソナにおいて行う」と言う表現の神学的歴史。女性がキリストのぺルソナにおいて行動することはできないと教父や中世の神学者たちに思い込ませた古代の生態学。
司祭は「キリストのペルソナにおいて」行動する。キリストは男だったから男性司祭がエウカリスティアでキリストを代表する。

ロ-マのテキスト全文
司祭が表す特質はキリストの男性性ではなく、かれの仲介者としての役割である。これは女性司祭によっても示されるはずである。
1.何故なら女性はキリストにおいて平等であるから;
2.女性もキリストのイメ-ジである;
3. 女性は既に洗礼と婚姻の奉仕者として「もう一人のキリスト」として行動している;
4. 女性はキリストの女性的な特性をよく映し出している;
5. 女性もキリストの司祭職の本質であるキリストの愛を表わすことができる.
 このことに関してトマス・アクイナスの欠陥のある神学を見よ。.
救いのシンボルとしてキリストは花婿で、教会は花嫁である。従って、司祭的奉仕職においては男がキリストを代表する。

ロ-マのテキスト全文

教会の名で司祭が行うのはそれ程大切なのではない。.

ロ-マのテキスト全文
婚姻の神秘性のイメ-ジを司祭の奉仕職に用いることは出来ない。すべてのキリスト信者が花婿と花嫁双方を象徴するので、それを典礼の中で暗示する箇所はシンボリズムが曖昧である。

さらに、エウカリスティアで司祭はキリストを代表して祭儀を執り行うが、「教会のペルソナにおいて」なのである。 .

レネ・ヴァン・アイデン著、女性の創造:位階制度の構造
ジョン・ワインガ-ズ著「男性は花婿を代表できなか」 .を見よ。
女性の平等の権利のような人権は奉仕職には適用されない。

ロ-マのテキスト全文

司祭召命を持っていると確信している女性たちは聖霊によって導かれているのでははい。教会のみが誰が司祭職に招かれているか、招かれていないかの権限を持つ。

ロ-マのテキスト全文
聖書と伝統から根拠が確かな議論がないので、誰も叙階される権利を持たないが、司祭の奉仕職から洗礼を受けた人を除外することは真の差別である。.

6. カトリック女性信者の中には司祭の奉仕職への召命を感じているという事実だけでなく、他のキリスト教会の女性を叙階している事実は教会が無視できない聖霊の明らかなしるしである。.
イダ・ラミングの
* 「同等でも違うのか」;
* マルセラ・アルトハウス-ライドの「キリストのように見えないことについて」.
を見よ。
    結論:女性叙階を禁じる有効な神学的論争はない。.

固い殻の中には一体何があるのか

聖書からの論争

伝統からの議論

神学的論争

教導職

声を挙げる義務

これは一体全体何なのか

声を挙げる義務

これは一体全体何なのか

固い殻の中には一体何があるのか

.

1 .キリストにおける一つの祭司職

2.司式する力を受けて

3.文化的偏見

4.女性は嘗て助祭であった

5.女性が叙階され得ることは教会の潜在的な伝統の中にある

6.他のキリスト教会は女性司祭を受け入れている

7.実は女性もまた司祭になるべく招かれている

何時も問われる質問を参照せよ


ジョン・ワインガーズ著『女性はなぜ司祭になれないのか』

John Wijngaards, The Ordination of Women in the Catholic Church, Darton Longman Todd, London, 2001, 204pp.

「日本語テキスト全文を見るにはここをクリック」