Japanese WOMEN CAN BE PRIESTSheader

Responsive image

Nederlands/Vlaams Deutsch Francais English language Spanish language Portuguese language Catalan Chinese Czech Malayalam Finnish Igbo
Japanese Korean Romanian Malay language Norwegian Swedish Polish Swahili Chichewa Tagalog Urdu
------------------------------------------------------------------------------------
伝統からの議論

伝統からの議論

Rome

伝統に関してのロ-マの立場

以下『ロ‐マ』という語を教理省と教皇を意味するものとして用いる。

Freedom of Inquiry伝統に関する反論
Background music?

昔から現在に至るまで教会の慣習は女性を司祭に叙階しないことだった。.

ロ-マのテキスト


偏見があることは慣習が教会の伝統を制定することを無効にするのではない。

ロ-マのテキスト


女性の初代の奉仕職は秘蹟的司祭職と関係がなかった。.

ロ-マのテキスト
1. 教会で女性を叙階しない慣習は聖書に基づくものではなく、女性を: 2. 実際には何世紀もの間教会は女性を 助祭
に叙階していたので、聖なる叙階に挙げていたのである。
3. 女性叙階の可能性を当然伴う 「潜在的で」「ダイナミックな」伝統が自ずと証明している。即ち、:
* ある女性たちを司祭;に叙階する慣習
* マリアが当然持っていたと思われる「司祭的役割」;
*女性奉仕者としてみられてい
たマリア・マグダレナへの信心;
* 女性が洗礼式と結婚式を司式していた.
教父たちは女性司祭の問題が起こる時いつも認めなかった。
ロ-マのテキスト
4. The 教父たちは女性叙階について滅多に語らなかった。語った者は彼らの偏見に影響を受けた。同様のことが 「教会の聖職」について言える。.
中世の教会法と神学は女性が有効な叙階を受けることを排除した。
ロ-マのテキスト
5. 教会法 女性に対する社会的、宗教的偏見を早くから現在に至るまで教会の法規の中に取り入れてきた。.
6. 中性の神学者たちは明らかに無効な社会的、哲学的理由で女性を司祭職から排除した。.
後にこれに関する教義が余りにも確固として定められたので、教会は公にその立場を護る必要はなくなった。
ロ-マのテキスト
7. スコラ神学者以後は昔ながらの古い偏見を批判的な検討をしないで反復した。.
    結論::教会の真の、潜在的でダイナミックな伝統は女性の叙階を立証している。.


固い殻の中には一体何があるのか

聖書からの論争

伝統からの議論

神学的論争

教導職

声を挙げる義務

これは一体全体何なのか

声を挙げる義務

これは一体全体何なのか

固い殻の中には一体何があるのか

.

1 .キリストにおける一つの祭司職

2.司式する力を受けて

3.文化的偏見

4.女性は嘗て助祭であった

5.女性が叙階され得ることは教会の潜在的な伝統の中にある

6.他のキリスト教会は女性司祭を受け入れている

7.実は女性もまた司祭になるべく招かれている

何時も問われる質問を参照せよ


ジョン・ワインガーズ著『女性はなぜ司祭になれないのか』

John Wijngaards, The Ordination of Women in the Catholic Church, Darton Longman Todd, London, 2001, 204pp.

「日本語テキスト全文を見るにはここをクリック」