Japanese WOMEN CAN BE PRIESTSheader

Responsive image

Nederlands/Vlaams Deutsch Francais English language Spanish language Portuguese language Catalan Chinese Czech Malayalam Finnish Igbo
Japanese Korean Romanian Malay language Norwegian Swedish Polish Swahili Chichewa Tagalog Urdu
------------------------------------------------------------------------------------
女性司祭叙階の含蓄的可能性を示す何世紀もの潜在的伝統

女性司祭叙階の含蓄的可能性を示す何世紀もの潜在的伝統

About valid Tradition

Scriptural Tradition Latent Tradition Dynamic Tradition Informed Tradition Valid Tradition

教会は常にその真の伝統は明言された宣言や慣習に完全に表現されていないことを信じてきた。 伝統も「主自ら福音を書かなかった。言葉で教えられ、それが人々の心に植えられ、その一部を後に福音史家たちが書き、多くは信者の心に託されたのである。」(ヨゼフ・ラッチンガ-:『伝統に関するトリエント公会議文書の解釈について』、カ-ル・ラ-ナ-、ヨゼフ・ラチンガ-:Revelation and Tradition(啓示と伝統)Burns & Oats, London 1966, pp. 50-68 この伝統は『心に書かれた福音』として知られている。

幾世紀もの間カトッリク信徒は自分の心の奥底、骨の髄で女性は神の前で同等であり、女性の司祭職への叙階に基本的な異議があり得ないことを知っている。この内的確信は『信仰のセンス』、キリスト信者の信仰のセンス、教会の心であった。即ち、カトリック教会のセンス、または教会のコンセンサスであり、これらの用言の中に『教会』は信徒の共同体全体を意味する。

ここで潜在的伝統について述べることは大切であろう。

更に詳細はを参照すること!

教会の歴史、キリストを信じる共同体としての歴史を調べるとき、女性司祭への文化的反対の下には 公に認可された社会的、文化的考えに対する不断の意識を発見する。聖なる叙階への女性の可能性のこの意識は色々な方法で明白である。

  1. 何世紀もの間信徒は司祭としてのマリア信心a devotion to Mary as priestを持ってきた。彼らは本能的にその『カトリックのセンス』でマリアがイエスにおいて誰よりも司祭職を共有したことを理解したのである。マリアは女性であるが男性と同じように司祭として叙階されたということを強く、しかし普通言葉にならない確信で含蓄的に含むのである。時にその確信ははっきりと表現される。full overview of documents on Mary Priest
  2. 特に南イタリアには司祭に叙階された何人かの女性の特異なケ-スがあった。「古代キリスト教の歴史家として、最初の5世紀から6世紀の伝統は例外的に女性司祭職を非難するものでもなかったことを強調する必要がある。」(George OtrantoOtranto’s article with introduction by Dr .Mary Ann Rossi 又はOtranto’s lecture を見よ。
  3. 長年聖マリア・マグダレナSt Mary Magdalen は(司祭の独占的な特権である説教を)使徒たちが迷った時に正しい教義を教えた女性の聖人として崇められていた。
  4. すべての秘蹟はキリストの名において行われる。しかし女性たちは洗礼と結婚の秘蹟を執り行う。
  5. 何世紀もの間女性たちはキリストの秘蹟としての司祭職の中で完全に参与し、キリストにおける自分たちの平等性についての意識を持っていることを証言してきた。

参照:


固い殻の中には一体何があるのか

聖書からの論争

伝統からの議論

神学的論争

教導職

声を挙げる義務

これは一体全体何なのか

声を挙げる義務

これは一体全体何なのか

固い殻の中には一体何があるのか

.

1 .キリストにおける一つの祭司職

2.司式する力を受けて

3.文化的偏見

4.女性は嘗て助祭であった

5.女性が叙階され得ることは教会の潜在的な伝統の中にある

6.他のキリスト教会は女性司祭を受け入れている

7.実は女性もまた司祭になるべく招かれている

何時も問われる質問を参照せよ


ジョン・ワインガーズ著『女性はなぜ司祭になれないのか』

John Wijngaards, The Ordination of Women in the Catholic Church, Darton Longman Todd, London, 2001, 204pp.

「日本語テキスト全文を見るにはここをクリック」